みずほリサーチ&テクノロジーズ、5つの政策で「来年は緊急事態宣言を回避可能」と発表

 3回目のワクチン接種や重症病床の積み増しなど、5つの政策を実施すれば「来年は緊急事態宣言を避けられる」という分析が発表された。

【映像】「来年は緊急事態宣言を回避可能」みずほリサーチ&テクノロジーズの発表内容

 みずほリサーチ&テクノロジーズは、新型コロナのデルタ株の影響を反映した疫学モデルで、シミュレーションを実施。その結果、検査を拡充し3回目のワクチン接種や、接種や陰性証明の導入、抗体カクテル療法の普及や重症病床の1.5倍の積み増しといった、5つの政策を実施すれば、来年は緊急事態宣言の発令を避けられると分析している。

 また、感染の波は今後も繰り返し起き、来年半ばには、今年の夏の水準をやや上回るものの、重症者の人数は低くとどまると予測している。(ANNニュース)

【映像】ホテル療養で男性急死 妻語る「3時間待たされた」

【映像】全国初「往診」で抗体カクテル療法 大阪府

みずほリサーチ&テクノロジーズ、5つの政策で「来年は緊急事態宣言を回避可能」と発表
【独自】ホテル療養で男性急死 妻「3時間待たされた」
ABEMA