アフガニスタンで連日の爆発 「イスラム国」が関与主張

 アフガニスタンでイスラム主義勢力「タリバン」関係者の車両が狙われる爆発が発生し、3人が死傷した。過激派組織「イスラム国」が関与を主張している。

【映像】現地の様子

 地元メディアによると、アフガニスタン東部のナンガルハル州で19日に爆発が起き、子ども1人が死亡、タリバンのメンバーを含む2人がけがをした。爆発について、タリバンの幹部は「メンバーの車両を狙った犯行だ」と指摘している。アフガニスタンでは18日にもテロとみられる爆発が相次ぎ、3人が死亡、20人以上がけがをしていた。

 ロイター通信によると、「イスラム国」が18日と19日に起きた一連の爆発について、系列のメディアを通じ関与を主張。「35人以上のタリバンの兵士が死傷した」としている。(ANNニュース)

▶映像:アフガニスタンで連日の爆発 「イスラム国」が関与主張

アフガニスタンで連日の爆発 「イスラム国」が関与主張
【映像】現地の様子
ABEMA