ワクチン接種後1年間の感染状況 京大准教授が試算 「2019年以前の生活に戻すのは難しそう」

 希望者がワクチン接種を終えた後の1年間の感染状況について、京都大学の古瀬祐気准教授が試算。ある程度接種が進んでも複数回感染の波が来て、その度に強い措置が必要になると指摘した。

・【映像】古瀬准教授の試算

 古瀬准教授の試算では、20代・30代の接種率が6割に達し人との接触を4割減らす現状に即したシナリオでも、1年間で3回大きな感染の波が来て「緊急事態宣言」などの強い措置が必要になるとしている。

 一方、接種率がさらに上がれば、こうした強い措置は1回で済むとしている。

「感染者が増えるということは何回か起こるというのが、残念ながら来年以降も起こる可能性が高そう。多くの人がワクチンを接種してくれても完全に2019年以前の生活に戻すのは難しそうだということ。とはいえ、接種率が高まれば高まるほど少しずつだけれども出口戦略を考えていけるのではないかなと」(京大・古瀬准教授)

 古瀬准教授によると、早ければ年内にも始まる3回目の接種によって感染の波をさらに抑えられる可能性があるという。そのうえで、「数年後には多くの人が免疫を獲得し、ほぼ通常の生活が達成できる可能性が高い」としている。(ANNニュース)

ワクチン接種後1年間の感染状況 京大准教授が試算 「2019年以前の生活に戻すのは難しそう」
【映像】古瀬准教授の試算
ABEMA