新型コロナ 基礎疾患のある10代女性が死亡 横浜市

 横浜市で新型コロナに感染した10代の女性が死亡した。女性には基礎疾患があったという。

 横浜市によると、女性はもともと慢性の肺疾患があり、自宅で酸素を吸入する治療を受けていた。8月20日に呼吸の状態が悪化して入院し、次の日、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性が判明した。

 その後、徐々に状態が悪くなり、18日に死亡した。
(ANNニュース)
 

新型コロナ 基礎疾患のある10代女性が死亡 横浜市
「こんなことが日本で…」自宅療養の現実
ABEMA