緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の30日解除を決定 全面解除は約半年ぶり

 政府は28日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、東京や大阪など19都道府県に発出されている「緊急事態宣言」、8県に適応されている「まん延防止等重点措置」について、30日で解除することを決定した。全面解除は4月4日以来(前回の緊急事態宣言が3月21日に終了してからまん延防止等重点措置が適用された4月5日の前まで)、約半年ぶりとなる。

【映像】「コロナの毒性弱まり風邪のように」英研究者

【解除となる地域】

<緊急事態宣言>
北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県

<まん延防止等重点措置>
宮城県、福島県、石川県、岡山県、香川県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

(ABEMA NEWS)

コロナ新治療薬「ソトロビマブ」を承認
コロナ新治療薬「ソトロビマブ」を承認
ABEMA