「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

 10月24日に放送が終了したABEMAの恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』(以下『虹オオカミ』)。女優の和内璃乃(りの/18歳)と俳優の山下航平(こうへい/22歳)が一途な恋を実らせた。

 序盤、YOSHIKI EZAKI(エザキ/20歳)からも想いを寄せられていたりのだったが、中間告白でりのとこうへいが成立。途中、りのがこうへいの態度に不安を抱いたり、すれ違いが発生したこともあったが、見事、幸せな結末を迎えた。こうへいが「大好き」と愛のメッセージを投げると、りのも「私も好きです。ちゃんと好きです」とはにかみながら返す場面も。そんな2人に、『虹オオカミ』のおよそ3ヶ月間を振り返ってもらった。

【動画】りの&こうへい「大好き!」ラブラブな2人にラストに胸キュン炸裂

りの「“こうへい君とお話するのが1番楽しい”と確信しました」こうへい「顔もめちゃくちゃタイプなんです」

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

▲告白成立した2人、最後は「大好き!」と満面の笑みで!(『虹オオカミ』第13話より

――りのさんは比較的、幸せ一直線でゴールという印象もありますが、序盤ではりのさんを巡り、こうへいさんとエザキさんがバチバチに闘志を燃やす場面もありました。こうへいさんをオオカミと疑うようなシーンもありましたが、何がきっかけで気持ちが固まったのでしょうか?

りの: 多くの時間をアトリエで過ごしていたんですけど、メンバーと会話をする中で、“こうへい君とお話するのが1番楽しい”と確信することができました。それで「こうへい君がオオカミだったらそれはそれで良いかな」と吹っ切れたというか。そこから自分の気持ちは変わらなかったです。

こうへい: (ニンマリしながら)うれしいですね。

――一方のこうへいさんは、最初から想いは揺るぎなかったですね。第1話から「すごくかわいらしい」とりのさんに伝えていました。

こうへい: そうですね。でも最初に抱いた印象から話すにつれて、どんどん印象は変わっていって、僕の中でとても大きな存在になっていきました。

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

――少し変な言い方かもしれませんが、ほかのメンバーも当然かわいらしくて魅力的です。そんな中で、りのさんが抜き出ていたところは?

こうへい: やっぱり波長が合ったところだと思います。そこが1番大きいですね。最初に話したのが、りのちゃんだったんですけど、話していて、1番ドキドキしたのもりのちゃんだったし、それは今までになかった経験でした。それと、顔もめちゃくちゃタイプなんです。

りの: ぷぷっ(笑)。

――りのさんはどういうところに惹かれました?

りの: 実はよく『オオカミ』メンバーのみんなに聞かれることがあるんです。「なんで、こうへいくんなの?」って(笑)。

――ええ(笑)? そうなんですか?

こうへい: 俺は『オオカミ』メンバーから「ヤバイ奴」認定されているんです(笑)。なので、その質問は僕も気になりますね。

りの: 私、人見知りしちゃうんですけど、それこそ最初みんなと合流したときは恥ずかしくて…でもわりと早い段階で、私の普段のノリがこうへいくんには出せるようになったんです。心が開けたんですよ。それと、こうへい君はメンバーの中でいじられ役だったんですけど、それを受け入れて、現場を盛り上げてくれました。そういうのも、おおらかな人だなって。

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

こうへい: 普通、気になる人がみんなにイジられてるところを見たら、微妙に思っちゃうよね。

りの: うん、でもああいうところはダサい(笑)。ダサいよ、そこは。

こうへい: 今「ダサい」って2回言ったね(笑)。2回も言わなくても良くない?

りの: ふふふふ(笑)。

こうへい: でも、あんな風に僕が振る舞ったのは最年長だからっていうのもありました。気を遣われたくなかったし、年上扱いもされたくなかったので。

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

▲ムードメーカーなこうへいに惹かれていったりの(『虹オオカミ』第13話より

――最年長が“いじられ役”に徹するのは、メンバー間の仲も良さそうだなという印象を受けますね。

りの:  確かに…!

こうへい: 僕からするとそれがありがたかったですね。早く11人の中に溶け込みたかったですし。

――恋愛している姿をこうして見られることも初めてだったと思いますが、そこに対する緊張はなかったですか?

こうへい: 僕はなかったですね。

りの: 私はすごく緊張していました。さっきも言いましたけど、人見知りですし、このお仕事を始めたのが早かったというのもあるけど、今まで恋愛を意識したことがあまりなかったんです。『オオカミ』のメンバーと会う前は“人のことを好きになれるかな”ってずっとドキドキしていました。

りの、こうへいに「“オオカミの匂わせ”をしてたら恥ずかしいからね!」

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

――恋愛する中で、自分の中で発見したことはありましたか?

こうへい: 本当に好きな子って見つめられないですね(笑)。緊張して全然話せないんだけど、一方で心は“すごく話したい”と思っていて。そんな体験は初めてでした。

りの: 私は発見だらけでした。好きな人と話している時の私って、こんなにヘラヘラしているんだって(笑)。こうへい君はストレートに気持ちを伝えてくれてたので、そこは恥ずかしさもありつつ、うれしさからかニヤニヤしてしまっていて…。

こうへい: 俺は最初から顔に感情が出る子だなって思ってた。

りの: そうだよね(笑)。

――この取材中でもすごく表情が豊かだと思います。それこそ、こうへいさんの発言ひとつひとつに表情でリアクションしていますし。

りの: そうですか? 恥ずかしい…(笑)。

――最終回で告白が成立した時の心境はいかがでしたか?

りの: こうへいくんは「オオカミ疑惑」もあって、可能性的には無くはないと思っていたんですけど、私は終盤で「オオカミじゃない…!」と確信したんですよ。信じていたというか…。実はそれを本人に伝えたこともあるんです。「オオカミじゃないのに、“オオカミの匂わせ”をしてたら恥ずかしいからね!」って。

――(爆笑)。

りの: その後に告白して、実際にオオカミじゃなかったので、良かったです(笑)。

――そんなエピソードがあったんですね。では最後に『虹オオカミ』での3か月で得たものを教えてくれませんか。

こうへい: 人間として、すごく成長出来たと思います。恋愛というものに真剣に向き合って、共同作業では友情も育まれました。人生の縮図のようだと思ったし、そんな中で“自分をどう魅せるか”というのも考えたり。そういうのも含めて、今後に繋げることができたと思います。

りの: 私もたくさんの新しい発見ができました。それこそ恋に関しては、“こんな気持ちになるんだ”って思ったし、いろんな職業をしている人たちが集まったけど、考え方や悩むこともそれぞれに違って、“自分はなんて小さいことに悩んでるんだ”と気づくこともありました。私はまだ18歳ですけれど、“大人になった”と勘違いしちゃうくらい、たくさんの事を経験させてもらいました。楽しいし、時に苦しいし……すごく大切な時間でした。この先もきっと忘れないと思います。

こうへい: りのの場合は1番仲が良かった女の子(加藤乃愛)が脱落してしまったしね。

――初めての経験がたくさんあったわけですね。

りの: はい。それこそ、こうへいくんもそうだけど、自分にないものを持っている人が周りにはたくさんいました。そこからいろんなことを学ぶことが出来たので、日常生活も『虹オオカミ』での約3か月間を経験したことで変化した部分はあると思います。

「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー
「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー
「一緒にいるのが一番楽しい」りの&こうへい『虹とオオカミには騙されない』インタビュー

▲取材前に東京・浅草デートを楽しんできた2人。りの「今日は一応デートなので、オシャレしてきました(笑)」

 『虹とオオカミには騙されない』はABEMAにて全話配信中。またこうへい&りのの浅草デートはABEMAプレミアムにて配信中

取材・テキスト:中山洋平
撮影:藤木裕之

虹とオオカミには騙されない
虹とオオカミには騙されない
これでお別れなのですか?〜りのへいモモザキ禁断デート〜
これでお別れなのですか?〜りのへいモモザキ禁断デート〜