「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10
番組をみる »

 1月2日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』act.10が放送。俳優の島津見がライバルへ暴言を吐いてしまい、涙する場面があった。

【動画】1人の女優を巡り2人の俳優が涙ながらに大喧嘩するシーン(10分40秒頃)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』とは?

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。 

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、織田奈那(以下:ナナ/23歳)、川合ルイ(以下:ルイ/20歳)、島津見(以下:けん/23歳)、大地伸永(以下:のぶなが/20歳)、永岡拓真(以下:たくま/25歳)、中村加弥乃(以下:かやの/27歳)、夏目アミリア(以下:アミリア/22歳)、吉永アユリ(アユリ/24歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらにメンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組の男女だけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。

ケン、アユリを巡ってのぶながと口論に…涙の理由は

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 ドラマ最終話のタイトルは、『赤を拭って』。女友達に長い間片思いしている男性の切ない恋物語で、ラストシーンには、男性が募る恋心を告白してからのキスシーン。しかし、女性は別の男性のもとへ去ってしまうという結末だ。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 今回のペア決めは男性からの指名制。ただし、男性の片思いがテーマのドラマということで、告白オーディションの際に告白を受けた相手を指名することはできない。

 はじめからアユリだけを想い続けるも、アユリは中間告白でルイへ告白、まさに台本通りの境遇であとがないけんは、このチャンスをどうしてもものにしたいところ。ペア決めで自分の他にのぶなが、たくまもアユリを指名すると、複雑な表情を浮かべた。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 被ってしまった3人は、話し合いでアユリをペアを組む男性を決めることに。たくまは、アユリを選んだ理由について、「アミとアユリでどっちがいいかなって考えたときに、アユリが他の人を思ってるのをわかってるからこそ、生まれる感情や芝居ができるんじゃないかなと思ってアユリを選んだ」と説明。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 のぶながは、「気になってる人がいたけど、5話を見たときに、正直なにも感じなくて」と想いを寄せてきたナナのキスシーンを見て、自身の本当の気持ちに気づいたことを話した上で、「最後の台本、俺が背中を任せて本気でその瞬間恋ができるんだったら誰だろうって考えた結果、アユリしかいなかった」と今の気持ちを明かした。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 2人がアユリを指名した経緯を聞いたけんは、あまり納得がいっていない様子で、「俺アユリのこと気になってるし、迷う余地はなかった」ときっぱり。「正直言ってこの台本にすごい近い状態にあると思う。俺のこの1ヶ月をなぞったような台本やから、それをやるってなったときに、誰が浮かびますかってなったらアユリしかでてこうへん。できひんのよ、他の人とは」と涙目になりながら熱く語った。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 さらに、けんは「2人ともお芝居のことで考えてるやろ」とたくまとのぶながの動機について指摘しつつ、「アユリに片思いしている状態に近いのは俺やと思う」と自分の想いが一番強いことをアピール。のぶながが「なんで?」と尋ねると、「見てわかるやろ」「(わからないなら)目腐ってるわ」と怒りをあらわにした。

 最後のチャンスを何がなんでも逃したくないけんは、ますますヒートアップ。「(のぶながは)他の人気になってたんちゃうん?2日前まで」「さっき台本読んだ結果、“背中任せられるのは”とか“その瞬間でも恋できるのは”とか(言ってたじゃん)」とのぶながとはアユリを想ってた期間が違うと熱く語り、「俺は、みんなとベクトルが違う。それだけ言うわ。“台本を読んだからこの人が浮かびました”とかじゃない」とその気持ちの強さを訴えた。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 しかし、のぶながも一歩も引かずに「ベクトルが違う恋でもいいんじゃない?なんで同じベクトルじゃなきゃいけないの?」と反論。なかなか通じ合わないのぶながに、けんは感情的になり「ウザい、黙れ」と暴言を吐いてしまい、話し合いは最悪の雰囲気になってしまった。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 けんとのぶながの思いに、たくまは身を引くことを決断。そして、熱くなりすぎたけんを「けん、それは違う」「そうやって突き放して決めたとしても、苦しいよ」とたしなめ、「相手の言葉も聞いて、自分の思いもぶつけて、じゃないと。ちゃんとふたりで話してほしい」と意見した。

「ウザイ黙れ」早稲田卒イケメン俳優がガチギレ!1人の女優を巡ってライバル俳優と大喧嘩『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.10

 たくまの言葉に、冷静になったけんは「ごめん」「今のはちょっとひどかった」と謝罪。「(のぶながは)主演取れてないやん、言い方よくないけど。真剣に考えてるの選んだのがアユリってわかる。それを“ウザい黙れ”とか言った俺はあほやわ…ごめん」と涙ながらに話しつつ、「ただ余裕がない、俺には今」と自身の不安も吐露した。

 結局、収拾がつかず、最後はルイ、たくま、澤田先生の3人による多数決で決めることに。果たして、アユリとペアを組むことになったのは、けんとのぶながどちらなのか?続きは、ABEMAで現在も無料で見逃し配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~
恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~
最新話(act.10)を見る
恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~
恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~
三角関係にある3人が同棲ハウスで一夜を…全貌公開中