昨日の友は今日の敵?元チームメイト対決は池永天志五段に軍配!木村一基九段から幸先の良い先勝飾る/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦第2試合、チーム三浦とチーム斎藤の対戦が8月6日に生放送された。第1局はチーム三浦・池永天志五段(29)がチーム斎藤・木村一基九段(49)に勝利してチームに先勝を持ち帰った。

【中継】本戦1回戦でチーム三浦とチーム斎藤が激突

 注目の第1局は、昨年チーム木村で準優勝まで戦った元チームメイト対決。振り駒の結果、先手番はチーム三浦に決まった。池永五段が相掛かりを志向すると、木村九段も応じて出だしからトップスピードで指し進めた。元チームメイトだが、両者とも戦いにくさは感じていないようで、池永五段は「チームを組んでいると対局できないので楽しみ」、木村九段も「指してみたいと思っていたので楽しみ」と思いが通じたようだった。

 角交換ののち中盤戦では激しい攻め合いとなるも、形勢は均衡を保ったまま終盤戦へ。やや木村九段ペースかと思われたが、池永五段が後手の攻防手となっていた△6三馬の働きを外すことに成功し、一進一退の激しい戦いが繰り広げられた。最終盤では、後手の猛攻を池永五段が受け切り、“千駄ヶ谷の受け師”のお株を奪う大きな一勝をもぎ取った。

 池永五段は「最初は緊張で手が見えていなかったが、だんだんエンジンがかかってきた。一局目としてはまずまずの出来だと思う」と大熱戦を振り返った。敗れた木村九段は、「最後勝ちになった場面があったと思うが、逃してしまったのは情けない。冷静に勝ちを決めなければいけなかった」と話した。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

打倒・振り飛車!チーム斎藤が静かなる闘志を燃やしチーム菅井に勝利 予選2位通過で本戦へ/将棋・ABEMAトーナメント
【動画】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 一回戦 第二試合 チーム三浦VSチーム斎藤
【動画】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 一回戦 第二試合 チーム三浦VSチーム斎藤