ポリタンクが落下し車とバイクに直撃…ライダーは鎖骨骨折のけが トラック運転手は「ひき逃げと言われても納得できない」
ポリタンクがライダーに当たる瞬間 »

 トラックから重さ10キロあるポリタンクが落下し、車とオートバイに直撃。ライダーは鎖骨骨折の怪我を負うも、運転手は走り去ったため“ひき逃げ”の疑いがかけられている。

【映像】ポリタンクがライダーに当たる瞬間

 8日、大阪府堺市の道路で、対向車線を走るトラックから空のポリタンクが落下。撮影者の車に当たって右前方にはじかれると、トラックの後ろを走るオートバイに乗っている親子に直撃した。41歳の父親は鎖骨を折るなどの重傷、中学生の息子も打撲などのけがをした。撮影者の女性は軽傷を負っている。

 バイクを運転していた男性「反対車線の車にぶつかって、こちらに向かってきたんで、それを肩で受け止めるという状況。ゾッとしますね。もしあれが頭の方に飛んできていたら死んでもおかしくない」と話した。

ポリタンクが落下し車とバイクに直撃…ライダーは鎖骨骨折のけが トラック運転手は「ひき逃げと言われても納得できない」

  事件から5日後の13日、トラックを運転していた65歳の赤嶺永仁容疑者が「ひき逃げ」などの疑いで逮捕された。しかし容疑者は「ポリタンクを落下させたことそのものの認識がなかったので、ひき逃げしたと言われても納得できない」と否認している。

 道交法に詳しい、高山俊吉弁護士は「荷台のポリタンクが落ちたことを気付いていないのかどうかが最大の問題で、“気が付いただろう、あなたは”というのが警察の理解だと思います。人身事故を起こして現場を立ち去ると、一般的にはひき逃げにあたるとされます」「事故を起こした責任と、それからひき逃げの責任の両方が問われます。15年が最高の刑になって、その範囲内で何年かの刑を裁判所は言い渡すというのが理屈的には考えられます」と語っている。

 赤嶺容疑者の勤務先の関係者が、ドライブレコーダーの映像を見て警察に申し出たという。(『ABEMAヒルズ』より)

道路を塞ぐ高級外車…“映えスポット”の迷惑行為に非難の声「救急車が通れなのもよく見かける」
ポリタンクがライダーに当たる瞬間
ポリタンクがライダーに当たる瞬間
車線変更後→横転する衝撃の瞬間
車線変更後→横転する衝撃の瞬間
車で道路を塞ぎながら写真撮影をする男女
車で道路を塞ぎながら写真撮影をする男女