「泣いたらどうしよう」も解決!お盆の“子連れ専用車両”に賛否「すごく心強く気持ちが楽」「静かにしたい人向けの車両を」
番組をみる »

 JR東海は夏休みの期間限定で、東海道新幹線の一部ののぞみ号に「お子さま連れ専用車両」を設けている。謳い文句は「泣いたらどうしようの心配も解決」。小さい子供を連れて旅行に出かけたり帰省したりする利用者の要望に応える形で運行されている。

【映像】“子連れ専用車両”に賛否

  こうした取り組みにSNS上では「我が子が多少グズってもはしゃいでも座席を離れる必要がないのは助かるね」「この車両は子連れが多いんだ!と思うとすごく心強く気持ちが楽でした」といった声が寄せられていた。

 子ども連れの利用者に向けた取り組みは、他の鉄道会社でも行われていて、小田急電鉄では今年の春から、一部の車両に「子育て応援車」を導入。誰でも乗ることができるが、「子連れの方が安心できるように見守りましょう」と呼び掛けている。また、都営地下鉄・大江戸線は2019年から一部の車両に「子育て応援スペース」を設置。

 ただ、こうした“専用車両”が作られることに、SNS上では「子連れを隔離するんじゃなくて、静かにしたい人向けの車両を作った方がいいんじゃないかな」「一般車の親子連れが非常識扱いされないかと心配ですね」などの疑問や懸念の声も上がっている。

 子どもがいる家庭は減り続け、今や、子育て世帯は少数派。皆が気持ちよく鉄道を利用するためには“子連れ”の気持ちを社会全体で共有していくことが大切なのかもしれない。(『ABEMAヒルズ』より)

2年で2匹→200匹以上に… ウサギが住宅占拠 多頭飼育崩壊に動物愛護団体「受胎を防ぐ方法を最優先するべき」
【映像】2匹→200匹 住宅占拠するウサギたち
【映像】2匹→200匹 住宅占拠するウサギたち
【映像】突如現れた“ワニ”に住人パニックするも意外な正体に安堵の笑顔
【映像】突如現れた“ワニ”に住人パニックするも意外な正体に安堵の笑顔
【映像】ハチミツ食べ過ぎ?“酔っ払い”クマ保護
【映像】ハチミツ食べ過ぎ?“酔っ払い”クマ保護