男性3人が現金1600万円をゴミ処理施設で発見するも…法廷闘争の結末 沖縄
1600万円のゆくえ »

 圧力鍋の中には、溢れんばかりの現金が入っていて、数えてみると1600万円もあったという。

【映像】1600万円のゆくえ

 発見した、宮城英和さんは「(見つけた時は)鳥肌が立って、頭が真っ白になった」と心境を明かしている。

 沖縄県恩納村のゴミ処理施設で、宮城さん達3人が驚きの経験をしたのは去年5月のことだ。3人は処分場の管理者に連絡し、1600万円を預けた。現金はその日のうちに警察に提出されたという。

 3カ月が過ぎ、持ち主が現れなかったことから1600万円は3人のものになったと思われたが、事態は思わぬ展開を見せる。処分場を管理している村が現金の所有権を主張したため、法廷闘争にもつれ込むことになってしまった。

 恩納村は「処分場に部外者が入ることは違法だ。現金の所有権はこちらにある」と主張。一方、宮城さんら3人は「村は処分場の立ち入りを黙認している。私たちに引き取る権利がある」と反論。

 最終的に1600万円は、恩納村に1000万円、3人に600万円という形で和解が成立した。そして3人は裁判などでかかった費用を差し引いて、残った300万円の全額寄付を決めたそうだ。

 宮城英和さんは「コロナの中で大変な人がいるかもしれない。ぜひ恩納村の方で、(支援に)役立ててもらえたらいいと思う」と理由を説明。一方、村の分1000万円は奨学金にあてられる予定だ。(『ABEMAヒルズ』より)

【映像】1600万円のゆくえ
【映像】1600万円のゆくえ
【映像】77年間“上下逆さま”に展示されていた名画
【映像】77年間“上下逆さま”に展示されていた名画
【映像】目の前に車が飛んで向かってくる瞬間
【映像】目の前に車が飛んで向かってくる瞬間
目の前に飛んでくる車 あわや事故に撮影者「恐怖より焦りを感じた」