1万5000円→2000円で“替え玉受験”「ウィンウィンの関係だと思った」当初はグループ犯行
連行される容疑者の様子 »

 就職活動中の学生になりすまし、企業のオンライン試験を代行する“替え玉受験”をしたとして、逮捕された関西電力の社員・田中信人容疑者(28)。京都大学の大学院生だった4年ほど前に、仲間とグループを作り“替え玉”の依頼を受け始めたとみられることが新たに分かった。

【映像】連行される容疑者の様子

 捜査関係者によると、グループは1件につき1万5000円ほどで引き受けていて、このうち2000円が田中容疑者の報酬だったとみられている。田中容疑者は今年1月にグループを抜け、1件2000円のままで依頼を受けていた。

 独立した理由について田中容疑者は「独立した方が、学生が支払う費用が安くなるのでいいかと思った。ウィンウィンの関係でやっていけると思った」と語っている。

 警視庁は、田中容疑者が今年1月から7月までの間に400万円程度稼いだとみている。(『ABEMAヒルズ』より)

【映像】1万5000円→2000円で“替え玉受験”「ウィンウィンの関係だと思った」
【映像】1万5000円→2000円で“替え玉受験”「ウィンウィンの関係だと思った」
【映像】阪神高速の“強制停車” 妨害運転の疑いで50代の会社員男性を書類送検
【映像】阪神高速の“強制停車” 妨害運転の疑いで50代の会社員男性を書類送検
【映像】“焦げたストーブ”放置にオーナー落胆「キャンプ場が全部燃えてもおかしくない」
【映像】“焦げたストーブ”放置にオーナー落胆「キャンプ場が全部燃えてもおかしくない」
「キャンプ場が全部燃えてもおかしくない」 “焦げたストーブ”放置にオーナー落胆 翌日に当事者から連絡