叡王経験者の永瀬拓矢王座がベスト8進出、藤井聡太叡王への挑戦権にあと3勝!前期挑戦者の出口若武六段は本戦初戦敗退/将棋・叡王戦
番組をみる »

 将棋の叡王戦本戦トーナメント1回戦が1月24日に行われ、第4期叡王の永瀬拓矢王座(30)が前期挑戦者の出口若武六段(27)に159手で勝利し、ベスト8進出を決めた。次戦は三浦弘行九段(48)と対戦する。

【映像】永瀬王座がベスト8に進出

 第4期叡王の永瀬王座が、タイトル奪還に向けて本戦初戦を突破した。対するは前期挑戦者の出口六段。昨年はタイトル経験者の斎藤慎太郎八段、佐藤天彦九段を次々に撃破するなどの快進撃でスターダムにのし上がった若手強豪だ。両者は本局は初手合い。先手番の永瀬王座は「角換わり」を志向し、早繰り銀から速攻を仕掛けた。

 現役タイトル保持者との一戦に、出口六段は持ち時間を慎重に使いながら食らいついていく。永瀬王座に離されまいと受けに回り、丁寧な指し回しで応じた。中盤戦では巧みな馬使いで永瀬王座がペースを掌握。終盤戦では出口六段が必死の粘りを見せたが、永瀬王座がじわじわと圧をかけて後手を押し切り、熱戦を制した。

 現タイトル保持者は藤井聡太叡王(竜王、王位、王将、棋聖、20)。永瀬王座は第5期以来の番勝負へ、挑戦権獲得までにあと3勝が必要になる。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第8期叡王戦 本戦トーナメント 永瀬拓矢王座 対 出口若武六段
【中継】第8期叡王戦 本戦トーナメント 永瀬拓矢王座 対 出口若武六段
藤井聡太竜王、最新の対局予定・速報はここでチェック