秋の叙勲受章者が発表され、女優の泉ピン子(72)が旭日小綬章を受章した。

 泉は、「勲章っていうのはすごいですね。改めていただくとやっぱり重みですか、日本人として国からご褒美をいただくということは、今まで歩き続け、駆け抜けて、この道一筋にやってきたことは間違いじゃなかったなと、ご褒美をいただいたなと本当に嬉しく思っています」と喜びを語った。

 受章の連絡を受けた際の心境について、「叙勲と縁がないと思っていましたので、まず『誰が?』でしたね、自分とは全く思いませんでした。ほんとにびっくりしました。『おしん』(83年、NHK連続テレビ小説)をやったり、テレビだけでやってまいりました。代表作と言えばテレビですし、テレビというのが一番近い存在だと思っています。テレビをやり続けて50数年、良かったなと思います。主人に言いましたら、やはり『誰が?』と言いました。およそ縁が無いと思っているんでしょうね」と話した。

 また、今後挑戦してみたい役を問われると「私が『マイ・フェア・レディ』若い頃にやりたいと言ったって誰も言ってくれませんし。私には未だに社長夫人とか、そういうのが来たことがない。この前『ドクターX』で副院長をやったけど、それまでは看護師さんで、あと社長夫人もないな」と展望を明かした。

 泉のほか歌手の水前寺清子(74)、由紀さおり(72)も受章。デビュー55年の節目の受章に水前寺は、「本当にいいんでしょうか、という気持ちこんなに幸せな歌手はいない」とコメント。一方、由紀は、「歌は言葉を伝える。言葉を明確に伝えたい」と次世代へ歌を伝える使命感を新たにした。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎動画:米倉涼子演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”が復活『ドクターX』無料配信中

ドクターX~外科医・大門未知子~
ドクターX~外科医・大門未知子~
泉ピン子、受章後の様子(7分50秒頃~)
泉ピン子、受章後の様子(7分50秒頃~)