カテゴリ
おすすめタグ

西野未姫&西川俊介が再びペアに キスシーンへの期待高まる!

 9月28日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』act.8(AbemaTV)が放送され、元AKB48の西野未姫と俳優の西川俊介の恋模様に注目が集まった。
 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

 "共演者同士の恋愛"という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。
 ドラマ第5話の台本の舞台は、社会人のバスケットボールチーム。主人公の選手がマネージャーとの交際を認めてもらうためにキャプテンと1対1の勝負に挑むという内容で、ラストには勝負に勝ったご褒美のキスが待っている。

 このドラマの設定に、バスケ経験のあるシュンスケはワクワク。「これ(主演)とるしかないわ、俺」と、練習にも積極的に取り組んだ。
 しかし、男子指名のペア決めの順番を決定するフリースロー対決では、2連続でシュートを外してしまい、まさかの最下位に。それまでの楽しそうな笑顔は消え去り、「ダメだ俺、ダメだなぁ~」と頭を抱える展開に。
 そんなシュンスケだったが、ペア決めでは、前回一緒にオーディションに挑むも、自身がセリフを飛ばしてしまったことでリベンジをしたいと考えていたミキと組むことに成功。
 シュンスケはインタビューにて、「ミキちゃんをどんどん知っていって、ミキちゃんの魅力がペアを組んで知れたんで。一番居て落ち着くんですよね。ありのままの西川俊介をだせるみたいな」とミキに女性として惹かれていることを告白したうえで、「稽古してるときは、ミキをひとりの女性として見て、稽古をやっていこうと思います」と稽古中から意識することを明かした。
 一方、ミキも「どんどんダイチくんが薄れていってる気がします」と中間告白の時点で惹かれていたダイチに並ぶほど、シュンスケのことが気になってきているとのこと。シュンスケとの2回目のペアに、「(バスケの失敗で)プライド的にも落ち込んでると思うから、そこですべてを取り返せるのが主演をとることだなと思うので、主演をとって挽回したいなとすごい思います」と意気込んだ。

 自然な形で距離が縮まってきているシュンスケ&ミキのペアには、スタジオメンバーも絶賛。「いいじゃない」「これが理想の形!」「お似合いだと思うよ」「お互いに自分を飾らずに喋れるって」とふたりが主演を取り、カップルになることを期待した。

 次週、10月5日(土)放送の『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』act.9には、スタジオゲストとしてPerfumeあ~ちゃんが登場!熱いドラ恋愛を語る。

あなたにおすすめの恋愛リアリティ番組

この記事をシェアしよう

     
見逃した番組や人気作品が見放題
  • メリット1
    すべての作品が見放題
  • メリット2
    広告なしですぐ再生
  • メリット3
    放送中でも最初からみられる
  • メリット4
    ダウンロードで通信量ほぼゼロに
  • メリット5
    放送後もコメントが楽しめる

今だけ¥0トライアル

話題の見放題コンテンツ
執筆者情報

ABEMA TIMES 恋愛編集部

ABEMA TIMES恋リア編集部では、大人気「オオカミ」シリーズや「恋する♥週末ホームステイ」「今日、好きになりました。」「さよならプロポーズ」などの恋リア番組を中心に、青春胸キュンな恋からオトナな恋の様子をお届けします。