三代目JSB、ヒット曲満載!岩田剛典主催“イワゲーム”でわちゃわちゃクリスマスパーティー「やっぱり三代目最高」

 『ABEMA×LDH ONLINE X’mas LIVE PARTY』は、EXILE TRIBEの全6アーティストが、6日間にわたり開催するクリスマスパーティー。本ライブでは、12月7日(火)のFANTASTICS from EXILE TRIBE を皮切りに、12月8日(水)にBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、12月9日(木)にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、12月16日(木)にEXILE、12月17日(金)に三代目JSB(2021年12月24日21:00まで購入、同日23:59まで見逃し視聴が可能)、12月18日(土)にGENERATIONS from EXILE TRIBEがそれぞれ登場し、一夜限りのスペシャルライブをお届けする。なお、本公演は、すべて無観客で行われたライブの生配信となり、ABEMA独占で配信された。

【動画】ABEMA×LDH 2021特番 X'mas LIVE PARTY

 オープニングでは、メンバーが一列にずらりと並び、シルエットが浮かび上がる。1曲目の「JSB IN BLACK」が流れると、黒のスーツにネクタイ、サングラスや眼鏡を身につけ大人のムードを醸したメンバーがお目見えした。かっちり決めたビジュアルに、コメント欄では、「スーツが似合う」「かっこいい!」「スーツは強い」「ビジュ最高」「やっぱり三代目最高」という言葉でにぎわった。

 流れるように「TONIGHT」、「J.S.B. DREAM」と曲が続く。「J.S.B. DREAM」では恒例となったハンドサインポーズがコメント欄でもあふれ、今市隆二が「皆さん、一緒にいきましょう!」と煽ると、さらなる盛り上がりを見せた。

 VTRを挟み、4曲目は「Honey」。今市と登坂広臣のボーカルにELLYも加わり、3人のハーモニーが心地よく響く。夏の「線香花火」では、歌詞のテロップも「線香花火」仕様フォントで、儚く消えるようなにくい演出を。「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」ではセピアのトーンに変わり、ボーカルサイドとパフォーマーサイドが2画面で映し出された。曲の終盤になると1画面に切り替わり、後ろのモニターに大きくコスモスが映し出され、季節感を味わえる演出に。

三代目JSB、ヒット曲満載!岩田剛典主催“イワゲーム”でわちゃわちゃクリスマスパーティー「やっぱり三代目最高」

 本パート最後はアップテンポなチューンが人気の「O.R.I.O.N.」。今市が、「少し早いですけどメリークリスマス!」と叫び、全員がノリノリでパフォーマンスを行った。終わりには、登坂が「直己さん、見てる?」と体調不良により不在だった小林直己に向かってメッセージを送り、コメントでも「直己さん!」というファンの応援の声であふれた。

 前半のライブパートの後は、この後のトークパートMCをめぐる経緯についてのVTRが流れた。それは約1か月前、ABEMAで行った三代目JSBのオンラインファンミの様子を映したVTRだ。そこで、今回のトークコーナーのMCを誰にやってほしいかという視聴者投票が行われ、その結果、岩田剛典に決定。MC経験がほぼない岩田は「(自分で)大丈夫っすか…?」と不安気な表情で今回のMCを引き受けたのだった。

 スタジオにカメラが戻ると、岩田以外の全員がスツールに腰かけていた。そこで、岩田がドラマ『イカゲーム』のコスチュームを身に着けて登場し、「メリークリスマース!!!今回は私がMCです!MC岩田のイワゲーム!!」とテンション高くゲームをすると叫ぶ。「え…まるパクリだけど大丈夫?」と苦笑いのメンバーを気にしていない様子の岩田は、「トークコーナーでのメンバーの役割をゲームで決めたいと思います!題して“岩田さんが転んだ”!」と「だるまさんが転んだ」をやると言い出す。岩田の暴走&頑張りっぷりに、山下健二郎は「なんかMC慣れてない。ふわふわしてるね、新鮮やわ」とニコニコ。

三代目JSB、ヒット曲満載!岩田剛典主催“イワゲーム”でわちゃわちゃクリスマスパーティー「やっぱり三代目最高」

 早速「イワゲーム」を開始しようとする岩田だったが、登坂から「すみません、ジャージ着なくていいんですか?」と指摘され、慌てて全員が緑のジャージに着替える一幕も。いよいよ「イワゲーム」がスタートし、はりきった岩田が「岩田さんが~転んだ!」と何回もやってみるが、全員が一歩も動かないというボケを発動。ボケに気付いた岩田は「ちょっと、やる気あります!?」とキレ気味で突っ込み、メンバーは大爆笑していた。

 本格的にゲームがスタート。ルールでは、先に到着した(勝った)メンバーから、「雑用」「突っ込み」「リアクション大」「ギャル」「おもしろVTRふり」という役割の中で、好きなものを選べるというものだが、担当したくない役割があるメンバーが多いだけに、ゲームは白熱。結果、一抜けしたのはNAOTOで「リアクション大」、続く山下が「突っ込み」の札をゲット。3位の登坂が「雑用」を選び、僅差で今市が「ギャル」、残った「おもしろVTRふり」はELLYとなった。岩田が早速、「今の気分はどうですか?」と今市に聞くと、今市は「ちょりーっす」と早速やってみせ、コメント欄では「りゅうじくんギャルw」「年代感じるw」「古い(笑)」と珍しい今市の姿に大賑わいだった。

 その後は、これまで行った「LIVE×ONLINE」の振り返りパートに。初めての「LIVE×ONLINE」の映像を見たメンバーは、口々に「これ、自粛明けだよね」「懐かしい!」と盛り上がりながら、車でド派手に登場したり、映像を巧みに使った自分たちの演出に、「結構やってるね!」「すごいね」と改めて見入っていた。VTRが明け、岩田にまた感想を求められたギャルの今市は、「本当にちゃらい~全体的にちゃらい」と、とにかくすべてのギャルっぽい言葉を繰り出す。なぜか登坂も乗っかり「まじ卍」と言い出し、NAOTOは「ギャルを勘違いしているよ(笑)」と突っ込んでいた。

 続く「LIVE×ONLINE」のVTRでは、ELLYにVTRふりが託され、「次のV、楽しんでください、だっちゅーの!」と懐かしいパイレーツのネタを披露。全員が爆笑する中VTRは始まったが、コメント欄でも「だっちゅーの!ww」「やばい超面白い」とざわつきが止まらず、その後もELLYの絶妙なVふりの言葉がさく裂した。

 最後のVTRは、登坂とELLYがファンのためにクリスマスプレゼントを買いに行ったときの映像。雑貨店を訪れたふたりは、「さくっと選んじゃうんで」「特に直感型のふたりだもんね」とすぐ選び終わることを予想。ふたりはそれぞれの分と、三代目JSBとしての分、合計3つを5,000円以内で選ぶように言われ、店内をうろうろと見て回る。最近、引っ越したばかりという登坂は「どんな感じにしようか迷っているから、マジでほしいな」と真剣なまなざしだ。

 結局15分経っても選べずにいるふたりは、「全然難しいじゃん!さくっと選ぶ予定だったのに!」と苦笑い。結果、グループとしてはコーヒーミルとカップのセット、そしてELLYが選んだプレゼントは「ゴールデンセット。金の食器&カトラリー」で、登坂のプレゼントは「僕自身が好きなので、香り系。アロマキャンドル&ルームスプレー。リビングの一角に置いてもらえたら」と渾身のプレゼントをスタジオで披露。応募条件となるハッシュタグは、この日一番の笑いどころとなったELLYの「だっちゅーの」が使われ、今市がギャル風に「#三代目だっちゅうの」と読み上げ、コメント欄では「かわいい!」「ギャル最高」という言葉でにぎわい、以降は「#三代目だっちゅうの」であふれた。

サンタクロースを思わせる赤い羽織ものを着たメンバーは、スツールに座ったまま「LAST CHRISTMAS」をパフォーマンス。今市は「少し早いけどメリークリスマス!」と語りかけ、登坂も「知っている方は一緒に歌いましょう」と幸せそうな微笑みで歌い、「100 SEASONS」へと続いた。

 ジャケットスタイルに着替えると、スタジオの背景にはこれまで三代目JSBがリリースしたシングルとアルバムのジャケットがずらっと映し出される。直近で発売されたベストアルバムについて、今市は「(背景に映されている)この曲たちが集まってファンの方々が投票してくれた。ランキングもメンバーだとならない曲になったので、10周年の節目で作れてうれしかったです」と改めて思いを寄せる。

 合わせて収録されたドキュメンタリーについて、山下は「メンバーの思いとか、ちょっと恥ずかしいよね。こういう風に思ってくれていたんだって」と、個々のインタビューだからこそわかる思いを聞けたと語る。2021年という1年を振り返り、NAOTOは「10周年でできなかった失われた時間を、11年目にはなったけど、ファンの人たちと取り戻せた1年でした。皆さんと直接お会いして共有するライブ会場は、何にも代えがたいなと今年すごく感じました」と伝え、岩田も「三代目のツアー初日、鳥肌もので感動しましたよね」と賛同し、今市も「うん。すごく覚えてる」とうなずいていた。

 さらに、今市が「ベストアルバムから厳選して4曲パフォーマンスします。この曲から自分たちはスタートしました、聞いてください」と言うと、「Best Friend's Girl」のイントロが流れた。青い光の中スモークがたかれ、しっとりとした雰囲気の歌唱は、胸に直接訴えかけてくるよう。コメントでも「ベスフレは号泣案件」「ラゾーナ思い出す」「涙腺崩壊」と感情移入していた人が多く見られた。続いてはバラの絵文字でコメントが埋まった「SCARLET feat. Afrojack」、マイクの絵文字で埋まった「Eeny, meeny, miny, moe!」と続き、本パートの最後は「Go my way」の笑顔のパフォーマンスで終了した。

三代目JSB、ヒット曲満載!岩田剛典主催“イワゲーム”でわちゃわちゃクリスマスパーティー「やっぱり三代目最高」

 4曲を歌い終わった登坂は、「懐かしい曲も披露させていただきました。この先も来年も、まだ世界情勢が不安定ですが、必ず皆さんと笑顔で会える日を心待ちにしています。成長した姿を見せられたらと思います。ファンの皆さまに届くように願っています」と心のこもった言葉を画面越しのファンに真摯に伝える。最後は、全員がスツールに腰かけて「RAINBOW」をパフォーマンス。画面上では、登坂が書いた歌詞も映し出され、コメントでは「終わらないで」「最高のメンバー」「幸せな時間をありがとう」と、メンバーへの感謝で埋め尽くされた。また、プレミアム会員のみが見られる特別アンコールでは、ヒットチューン「R.Y.U.S.E.I.」が披露され、この日仕様にアレンジされた“ゆる”パフォーマーパートも見ものに。コメント欄も「楽しそう!」「ゆるパフォーマータイム最高」など最後まで文句なしに盛り上がっていた。

 本ライブは2021年12月24日(金) 21:00まで購入、同日23:59まで見逃し視聴が可能

※セットリストは以下の通り。

JSB IN BLACK
TONIGHT
J.S.B. DREAM
Honey
線香花火
C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜
O.R.I.O.N.
LAST CHRISTMAS
100 SEASONS
Best Friend's Girl
SCARLET feat. Afrojack
Eeny, meeny, miny, moe!
Go my way
RAINBOW
R.Y.U.S.E.I.(アンコール)

テキスト:赤山恭子

ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 直前祭
ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 直前祭
ABEMA
ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 中間祭
ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 中間祭
ABEMA
ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 後夜祭
ABEMA×LDH X'mas LIVE PARTY 後夜祭
ABEMA