【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

 「W-KEYAKI FES. 2021」は欅坂46(漢字欅)から改名した櫻坂46と、けやき坂46(ひらがなけやき)から改名した日向坂46という“1本の欅”をルーツに持つ2組が初めて行う合同イベント。2組が共演の舞台に選んだのは欅坂46時代に、2017年から3年連続で「欅共和国」という夏のライブイベントを行っていた聖地とも言える舞台・富士急ハイランド コニファーフォレストで、3日目最終日には初めての合同ライブを行う。

【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

齊藤京子、コニファーフォレストは「思い出深い場所です」

 ライブは“パリピちゃん”こと富田鈴花がメンバー紹介をした後、最新シングルの表題曲「君しか勝たん」から幕を開けた。今回、多くの楽曲でセンターを務める小坂菜緒が体調不良で休業しているため、ほかのメンバーが該当曲で代理センターを務めたが、「ドレミソラシド」では丹生明里が笑顔を振りまき、「ソンナコトナイヨ」では東村芽依が躍動感溢れるパフォーマンスでグループを引っ張り、「青春の馬」では金村美玖が迫力満点のダンスを繰り広げ、おひさまを興奮へと誘った。

 活動を休止していた佐々木美玲はライブの冒頭から参加した。彼女のチャームポイントである持ち前の笑顔を振りまきながら、自身がセンターを務める「声の足跡」「My fans」「アザトカワイイ」ではしっかりと存在感のあるパフォーマンスを繰り広げていた。

【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

 またライブでは期ごとのユニット曲も披露された。3期生が「Right?」をフレッシュにパフォーマンスすると、2期生が「世界にはThank you!が溢れている」を披露し、1期生が「どうする?どうする?どうする?」を軽やかに届け会場を盛り上げた。「どうする?どうする?どうする?」では演出で水しぶきが上がると、会場には虹が架かっていた。

 最初のMCで影山優佳は「私はコニファーフォレストに来るのが4年ぶり(※一時、学業を優先するため活動を休止していた)なんです。だからまた皆さんに会えてうれしいし、“はじめまして”のおひさまもたくさんいると思うので、よろしくお願いします!」と元気よく挨拶。続けて丹生明里は「登場した瞬間におひさまのみんなの顔を見たら感動しちゃって。日向坂としては初めての野外ワンマンライブなので、うれしいですね」と微笑んだ。

 アンコールで登場した齊藤京子は「ここでライブするのは3年振りなんですけど、現地入りした瞬間に前と一緒だって気付いて…3年前にここのMCで『自然が無理…虫が嫌いで……』と言ったんですけど、それを鮮明に思い出せるくらいここは思い出深い場所です」とコメント。佐々木久美から「ちなみに自然は得意になりましたか?」と聞かれると、齊藤は「相変わらずです」と答える。これに佐々木久美は「芝生も寝っ転がれないもんね」と返し、齊藤がレギュラー出演しているバラエティ番組「キョコロヒー」(テレビ朝日)のエピソードをネタにするというサービス精神を見せていた。加藤史帆は会場中に掲げられている推しメンタオルを見渡して、「あっちにもこっちにも、あっちにまでタオルがあって、本当にうれしい!」と力を込めた。

【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

佐々木久美「会えない時間が私たちとおひさまの愛を育んでくれた」

 また、9月15日より日向坂46に改名後初の全国アリーナツアーが開催されることも発表された。ツアーは広島・広島グリーンアリーナ公演を皮切りに計6箇所13公演が行われる。発表を受け佐々木美玲は「発表された会場は『真っ白~(※欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』)』のツアーの時に行った会場もあるので、またみんなで行けるのが楽しみですし、その頃にはおひさまの声が聞きたいなと思いますね」と願望を口にした。

 最後に佐々木久美は「こういう風にどんどん会える機会が更新されていくというのも、日々たくさんの方が応援してくださっているお陰だなと思います。コロナで握手会もライブも出来なくなってしまったけど、会えない時間が私たちとおひさまの愛を育んでくれたと思います。本当に今日はたくさんの愛を感じることができたし、ここだけじゃなくてさらに配信で、画面の前で見てくださる方がいるなんて…本当に信じられないくらい、幸せなことだなと思っています」と語り、「この事実を噛みしめながら、私たちは世界中にパワーを届けていきたいと思っているので、これからも日向坂46と一緒に歩んでくれますか?」とおひさまに呼びかけてから、“東京ドームで単独公演を行う”というグループの夢を歌った「約束の卵2020」を熱演し、ライブは締め括られた。

【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

 リハーサルの段階では暗雲が立ち込めていたとのことだが、ライブ中は天候に恵まれ、日向坂46のライブでお馴染みのキャラクターであるポカも気持ち良さそうに空中を浮遊していた。前日の櫻坂46は日が暮れていくにつれ、照明を活かした空間作りで見る者をその世界観にグッと引き込んでいたが、一方の日向坂46はあえて日中でのライブにこだわり“お日様”の下でフレッシュなパフォーマンスを繰り広げていた。

 日向坂46として初のコニファーフォレスト公演だったが残念ながら小坂が欠席となったため、22人のメンバー全員がステージに揃うことはなかった。しかし、ライブ中には佐々木久美から「今日のライブはこさかな(※小坂菜緒の愛称)も見てくれている」という報告もあった。その短い言葉に、グループの絆の強さを感じた。

 秋のツアーも決まり、延期となった東京ドーム公演も予定されている。日向坂46の大躍進はまだまだ続きそうだ。

写真/上山陽介

【W-KEYAKI FES. 2021 Day2】日向坂46、青空の下で“欅の聖地公演”全15曲を熱演! おひさまにパワーをもらい「たくさんの愛を感じることができた」

■日向坂46「W-KEYAKI FES. 2021」セットリスト

M00. OVERTURE

M01. 君しか勝たん

M02. ドレミソラシド

M03. キュン

M04. ソンナコトナイヨ

M05. 声の足跡

M06. Right?

M07. 世界にはThank you!が溢れている

M08. どうする?どうする?どうする?

M09. 膨大な夢に押し潰されて

M10. My fans

M11. アザトカワイイ

M12. 青春の馬

M13. 誰よりも高く跳べ!2020

M14. JOYFUL LOVE

EN1. 約束の卵2020

■日向坂46 全国アリーナツアー 2021

9月15日(水) 広島・広島グリーンアリーナ

9月16日(木) 広島・広島グリーンアリーナ

9月26日(日) 福岡・マリンメッセ福岡

9月27日(月) 福岡・マリンメッセ福岡

9月29日(水) 大阪・大阪城ホール

9月30日(木) 大阪・大阪城ホール

10月7日(木) 宮城・セキスイハイム スーパーアリーナ

10月8日(金) 宮城・セキスイハイム スーパーアリーナ

10月13日(水) 東京・東京ガーデンシアター

10月14日(木) 東京・東京ガーデンシアター

10月15日(金) 東京・東京ガーデンシアター

10月19日(火) 愛知・日本ガイシホール

10月20日(水) 愛知・日本ガイシホール

【W-KEYAKI FES. 2021 Day1】櫻坂46、改名後初の“聖地”ライブでファンと心通わし「今日から皆さんはBuddiesです!」
【W-KEYAKI FES. 2021 Day1】櫻坂46、改名後初の“聖地”ライブでファンと心通わし「今日から皆さんはBuddiesです!」
ABEMA TIMES