バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?『セカンドチャンスウェディング』第1話

 9月17日(金)夜11時よりABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#1が放送され、男性1番人気のタクヤが選んだ相手に注目が集まった。

▶動画:バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?

『セカンドチャンスウェディング』とは

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ、益若つばさがMCを務める。#1に早見あかりがゲスト出演した。

 最初の参加者たちは全部で19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、マッチングした10名の男女が1週間の集団同棲に参加する運びとなった。 見事マッチングでカップルになったのは、シングルファーザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ヒロノブ(職業:農業、離婚から1年/28歳)とナルミ(職業:キャスティング事業・モデル、離婚から2年)。ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)、ヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。

バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?『セカンドチャンスウェディング』第1話

 続々とマッチングしたカップルが集まる中、なぜか1人で登場したのがタクヤ(職業:人材コーディネーター、離婚から6年/37歳)。メンバーたちは「どういうこと?」「なにこれ?」と不信感をつのらせたが、タクヤのパートナーは仕事で遅れてくることが明かされた。

 一人で待つタクヤを囲んで「タクヤさんめっちゃ人気だったでしょ?タクヤさんと喋りたいと言っていた女の子が6人くらいいましたよね」とユイカ。ヒロノブも「いらっしゃいましたよね。僕、同じところだったから『たくさんいる~!』って思っていました」と明かし、ツヨシも「一人だけダントツモテ男じゃないですか」と、タクヤのモテぶりについて話したメンバーたち。

 その後、一同は共同生活を行う家の中を見学。広くてきれいなキッチンやお風呂を見て、和やかな時間を過ごした。ベランダに集合し改めて自己紹介をしていた際のこと。まだ一人だったタクヤは「タクヤなんで、ぼっちでも」と自身の呼び方について自虐ネタを披露。その時、玄関からインターホンの音が鳴った。メンバーが見守る中、タクヤが迎えに行くと、そこにはユウキ(職業:会社経営、離婚から2年半/26歳)の姿が。ユウキは「お久しぶりです。お待たせしました」と挨拶し、タクヤは「お待ちしていました」とやっと満面の笑顔を見せた。

バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?『セカンドチャンスウェディング』第1話

 女子から一番人気のタクヤが選んだユウキは、背中がざっくりと開いたワンピースで登場。スタジオのケンドーコバヤシは「背中出してきたな!共同や言うてんのに!」とツッコみを入れた。

 やっと気持ちが落ち着いた様子のタクヤ。ユウキを見つめながら「楽しく行きましょう」と微笑み、メンバーたちは「よかったよかった」と2人に拍手を送った。

バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?『セカンドチャンスウェディング』第1話

  参加者たちは今後、1週間の“集団同棲”を経て、お互いのことを見極めていく。その後、さらにマッチングした場合には、“婚前旅行”に出発。旅を通してお互いのことをさらに深く知っていき、旅行最終日にプロポーズをして夫婦となるのか、それとも別れを選択するのかを決断することになる。

 次週『セカンドチャンスウェディング』#2は9月24日(金) 23:00~より放送。

バツイチ同士の婚活パーティーで6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は?『セカンドチャンスウェディング』第1話
バツイチ同士の婚活で6人の女性が指名!ダントツモテ男が選んだ女性は
ABEMA