野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、登山家の野口健が登場し、「攻め過ぎて人生を台無しにしないための授業」を行った。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントの伊集院光、ファーストサマーウイカ、AKB48の横山由依らが出演。

 23歳のときに初めてエベレストに挑戦したものの、途中で気絶して失敗に終わった野口。それまで数々の名峰を制覇してきたが、この失敗から「若さ・勢い・運だけではエベレストはどうにもならない」と学んだという。

▶映像:野口健のエベレスト登頂成功時の映像(28分30秒頃~)

 翌年、野口はエベレストに再挑戦。前回の「攻め」のスタイルを見直し、このときは慎重に進んだ。そのかいあってか最終キャンプまでは順調に登れたが、山頂まであと400mというところで突然猛吹雪に襲われてしまった。野口は悩んだ末に撤退を決断。またしてもエベレスト制覇は叶わなかった。

野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」

 日本に帰国後、野口を待っていたのは猛烈なバッシングだった。2連続の登頂失敗で記者会見では厳しい言葉が飛んだが、そのとき野口は「登れなかったら本当にすべて失敗なの?そんな薄っぺらなものじゃないぞ」と思ったという。

 登山前は「何が何でも登ってきます!」と豪語していた野口。しかし「”何が何でも”は僕の都合なんですよね。世間体とかスポンサーとか」といい、”何が何でも”は「自然に対するおごり」だと悟ったという。

野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」

 「生まれてから死ぬまでいろんな挑戦をするわけじゃないですか。これ1個1個じゃなくて、(人生)トータルとして考えて『51%上手くいって晩年終えたら人生の作品がうまくいった。49%失敗してもいいのか』と思いましたね」と語り、「極限状態で『下山する』と言えた自分の勇気を褒めてあげたいと思った」と明かした。

 そして25歳のとき、野口は3度目の正直でエベレスト登頂に成功。七大陸最高峰制覇の世界最年少記録を樹立した。野口は「今、攻めの姿勢を貫いてる方に伝えたいこと」として、「自分が決断した後退は未来の前進につながることもある」とメッセージを送った。

野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」

 続けて「1回目で、仮にまぐれでエベレストに登れていたら、僕の中でエベレストは非常に軽いものだった」といい、「2回目ももうちょいのところで引き返して『あれば失敗ではない』と。人生はトータルで考えればいいんだと思えた」と人生観を語った。

▶映像:野口健のエベレスト登頂成功時の映像(28分30秒頃~)

野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」
しくじり先生 俺みたいになるな!
登山家・野口健、エベレスト登頂目前にして究極の選択!!生命を救ったあるモノとは..
ABEMA

▶映像:野口健が公開したエベレストで死にかけた際の自撮り写真(6分頃~)

野口健、エベレスト登頂の失敗と成功から学んだこと「人生はトータルで考えればいい」
しくじり先生 俺みたいになるな!!
登山家・野口健「自分が生きてるって残したかった」
ABEMA