1日2時間以上の残業はNG!?セックスレス解消カウンセラーが解説「性機能が落ちて体力も低下する」

 9月20日に放送されたABEMA「給与明細」では、セックスレス解消カウンセラーとして活動する三上かすみさん(38)が登場。労働時間が性生活に影響することを解説した。

【動画】1日2時間以上の残業がセックスレスを招く?専門家が警鐘

 これまで約3000人の女性たちの悩みに応え、“少子高齢化社会の救世主”としても知られるカウンセラー・三上かすみさん。番組では、セックスレス解消をテーマにした勉強会を実施し、性のエキスパートの一人として出演した。
 
 「ED(勃起不全)になる原因は色々ある」と切り出した三上さんは、原因の一つとして労働時間との相関関係を指摘。「実は1週間のうち働く時間が49時間以上になると、これはセックスレスのボーダーラインと言われているんです」と説明を始めた。過労死のボーダーラインが週60時間であるのに対し、セックスレスは週49時間がボーダーラインになるという。続けて三上さんは「計算すると1日約2時間の残業。そうすると性機能が落ちて、体力も低下しますよね。なのでいざ頑張ろうと思っても元気が出ない。それを彼女に責められると、精神的にも元気がなくなる」と長時間労働が影響を及ぼすことを語った。

1日2時間以上の残業はNG!?セックスレス解消カウンセラーが解説「性機能が落ちて体力も低下する」

 実際に、セックスレスの男性のうち63%が週49時間以上の労働を行なっているというデータもあるそうだ。女性についても働き方が性生活に関わってくるようで、三上さんは「女性の場合は疲れてくると受け入れられることもできなくなるので、妊活が進まない」と説明。また、セックスレスに悩む人々に向けて「どういう働き方をして、2人でどういう風に生きていって、どんな性生活をしていきたいのかまで話せると、副交感神経も交感神経もどちらも優位にできる良い関係を築けます」とアドバイスを送っていた。
(ABEMA/給与明細より)
 

1日2時間以上の残業はNG!?セックスレス解消カウンセラーが解説「性機能が落ちて体力も低下する」
【動画】1日2時間以上の残業がセックスレスを招く?専門家が警鐘
ABEMA
1日2時間以上の残業はNG!?セックスレス解消カウンセラーが解説「性機能が落ちて体力も低下する」
【動画】国内夫婦のセックスレスは半数以上
ABEMA
1日2時間以上の残業はNG!?セックスレス解消カウンセラーが解説「性機能が落ちて体力も低下する」
【動画】しみけんによるセックスレス解消法
ABEMA