「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話
番組をみる »

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』第9話が、9月26日(日)よる10時より放送。りのとこうへい、さくらとしゅうぞう、モモカとエザキ、Takiとしょうたが、脱落発表前に2人きりの時間を過ごし、想いを伝えた。

▶動画:号泣するメンバーが続出した脱落発表の行方は?

『虹とオオカミには騙されない』とは

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

 『虹とオオカミには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしない“嘘つき”オオカミが、男女のどちらか一方に 1 人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、第9話は西野七瀬がゲスト出演した。

 女性メンバーは、アリアナさくら(さくら/17歳)、安斉星来(セイラ/17歳)、和内璃乃(りの/18歳)、momoca(モモカ/20歳)、加藤乃愛(のあ/18歳)、Taki(21歳)。男性メンバーは大平修蔵(しゅうぞう/20歳)、西岡星汰(しょうた/17歳)、堀海登(かいと/22歳)、YOSHIKI EZAKI(エザキ/20歳)、山下航平(こうへい/22歳)。

砂浜に書いた「好き」の文字…りの&こうへい、ラブラブ全開

 視聴者から最も“オオカミ”だと疑われ、「オオカミ投票」で最多票を集めたメンバーには、脱落という運命が待ち受ける。ついに訪れた、脱落発表の日。重苦しい空気が充満する中、メンバーたちに発表のルールが伝えられた。日没後、花火により告知が行われるのは、投票で上位に入った4名のみ。メンバーたちは、事前に渡された手紙により、自分が上位4名に該当しているか否かを知らされた。大切な人と過ごせるのは、これが最後になる可能性もある。11人全員でバーベキューをするなどし、楽しいひと時を過ごした後、想いを寄せる相手と2人きりで話をするメンバーの姿も見られた。

 第一印象で惹かれ合い、紆余曲折ありながらも、中間告白で結ばれたりのとこうへい。2人は海を訪れ、ラブラブぶりを披露した。りのが砂浜に枝で「好き」と書くと、こうへいは嬉しさのあまり、思わず涙目に。りのは「何で泣くんですか?」と驚きながらも、「ちゃんと見てください」とかわいらしくお願いした。こうへいの肩にもたれかかり、柔らかな笑みを浮かべるりの。両想いの幸せな空気が、2人を包み込んでいた。

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

「お似合いだよね」ブレスレットをつけ合う2人

 その後は砂浜に2人並んで腰かけ、仲良くトーク。りのが「どうします?私が脱落したら」と尋ねると、こうへいは「やばいよね、その現実を受け止められるかな…」と表情を曇らせた。そんな中、りのはこうへいを見つめ、赤いブレスレットを取り出した。それは、第一印象が1番良かった証として、こうへいから受け取った思い出の品。りのは「ブレスレット、中間告白に持ってきてくれたでしょ?とっても嬉しかった。ブレスレットの時に戻りたい」としみじみ口にした。

 するとこうへいも、りのからもらったブレスレットを持参していたことが判明。こうへいが取り出したブレスレットは、ジッパー付きのビニール袋に大切に入れられていた。こうへいは「正直、俺も危ないかなと思っていたの。こいつ持っていたらうまくいくかなと思って、持ってきてた」と、ブレスレットを持ってきた理由を説明。そして2人は、お互いの手首にブレスレットをつけ合った。どちらのブレスレットも、少しゆるめについてしまったようだが、こうへいは「こういうところもお似合いだよね」と幸せそう。2人は手をつなぎ、仲睦まじい様子を見せていた。

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

さくら&しゅうぞうがハグ!モモカ&エザキも想いを伝え合い…

 一方さくらは、中間告白で両想いになったものの、その後も心が揺れている様子のしゅうぞうに、思いの丈をぶつけた。「言っておきたいことがあって…」。さくらはそう切り出すと、「本当にちゃんと好きだから、もっともっと話したいです」としゅうぞうを見つめ、ニッコリ。さらに、どちらかが脱落した時のことに想いを巡らせ、「もう恥ずかしいとか言ってる場合じゃないよ」と口にすると、両手を広げ満面の笑み。「お願い」とハグを求められ、しゅうぞうは照れ笑いを浮かべつつ、さくらの体を抱きしめた。

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

 エザキとモモカも、脱落発表を目前に控える中、2人きりの時間を過ごした。いつも明るいエザキも、この時はどこか元気がない。エザキは「オオカミ投票」の上位4名に該当していたのだった。その旨を手紙で知らされた時の心境を、エザキは「マジかってなった」と吐露。落ち込むモモカに、エザキは「(気持ち)変わんなよ」と言葉をかけた。するとモモカは「たぶんもうエザキしかないって思うのね。だからエザキいなくなったら、待ってる」と、例えエザキが脱落しても、気持ちが変わることは無いと約束。エザキは小さくうなずき、「落ちねーよ」とモモカに微笑んだ。

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

しょうた、Takiに頑張る宣言!「夏が終わっても…」

 そして、前回の放送で失恋してしまったしょうたも、Takiに想いを伝えた。「Takiちゃんの気持ちを優先したい」と、身を引くことも考えたそうだが、Takiへの恋心を捨て去ることはできなかったようだ。「考えた結果、やっぱ俺は気持ち変わらない」とキッパリ告げた。これまでも、ひたむきにTakiへの愛を貫いてきたしょうた。Takiの心がしゅうぞうに傾こうとも、その気持ちは変わることなく、さらにはこの先の未来をも見据えていたのだった。「夏が終わっても、最高の思い出つくれるから。1番の冬にできるように、上書きできるように頑張るから」。しょうたは真剣な眼差しをTakiに向け「信じてほしい」と訴えた。しょうたの熱い言葉の数々は、Takiの胸に届いたのだろうか。逆転の可能性を信じつつ、恋の行方を見守りたい。

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話

『虹とオオカミには騙されない』のルールをチェック

 なお、『虹とオオカミには騙されない』の基本ルールは、前シーズンから変更なしの男女どちらかに1名以上オオカミがいる。 視聴者による「オオカミ投票」が行われ、最も“オオカミ”だと疑われた1名が脱落。脱落メンバーの性別が“オオカミ”の性別と異なっていた場合、最終告白当日とその前日のみ、復活することができる。さらに、今シーズン限定の特別ルールも導入された。特別ルール1つ目は、2日目の夜にTakiが合流し、全11名のメンバーが参加するということ。2つ目は、“オオカミ”はメンバーと2人きりで虹を見た場合、虹が出ている間は一切の嘘をついてはいけないというものだ。そして今回、メンバーたちはカスタムスニーカー100足とオリジナル商品を製作する、共同作業に取り組んでいる。9月5日に開催された「関西コレクション2021 AUTUMN&WINTER」では、各メンバーがハンドメイドしたスニーカーを履いて出演し、本プロジェクトをPRした。

 第9話で行われた、運命の脱落発表。赤い花火が打ち上がり、メンバーたちに別れを告げることになったのは、一体誰だったのか?号泣するメンバーが続出した脱落発表の行方は、ABEMAにて配信中

「本当にちゃんと好き」アリアナさくら、しゅうぞうにハグをおねだり、脱落前の最後の時間『虹オオカミ』第9話
ついに脱落者発表…全員大号泣
ついに脱落者発表…全員大号泣