美女たちが明かす、思わず返信してしまったDMの内容「ワンチャンなにかあるんじゃないか…」
番組をみる »

 9月28日(火)夜11時より放送されたABEMAのバラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』にて、『インスタDMから恋は始まる?』という企画が行われ、美女たちが思わず返信してしまったDMの内容を明かした。

【動画】新番組「ニューヨーク恋愛市場」#1

 『ニューヨーク恋愛市場』は、毒舌芸人ニューヨークが”オトコ”と”オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組。この日のスタジオゲストには峯岸みなみが出演した。

美女たちが明かす、思わず返信してしまったDMの内容「ワンチャンなにかあるんじゃないか…」

 VTRの1人目に登場したのは、舞台女優の潮みかさん(31)。温泉番組で、全裸状態の後ろ姿の写真をインスタに掲載した際に「イチャイチャしたいな~」「やりたいな~」などの下心満載のDMが山ほど届いた経験があるそうだ。

 そんな彼女が思わず返信してしまったのが海外の人からのDM。見るからにお金持ちのアカウントで「こんな人からDMが届くんだ」と意外に思った潮さん。自然体なメッセージのやり取りにも好感を持ち、最終的にLINEまで交換してしまったという。潮さんは「お金持ちそう。私に興味を持ってくれている」という2点が気になり、「ワンチャンなにかあるんじゃないかという淡い期待」を持ったことを明かした。

美女たちが明かす、思わず返信してしまったDMの内容「ワンチャンなにかあるんじゃないか…」

 2人目は、お笑い芸人のまるいるいさん(23)。芸人という仕事柄、ファンとの距離が近いというまるいさん。DMには「好きです」「遊びでいいので抱かせてください」「使用済みの靴下売りませんか」などの失礼なメッセージがよく届くそうだ。

 そんなまるいさんの心を打ったのが『100日DM』なるもの。ある日、「今日から100日間DMを送ります。気が向いたら返事してください」というメッセージが届き、気になりだしてしまったという。5日目、まだ届いていないメッセージに対して「待っている自分がいるな。押しまくられていきなり引かれると気になるタイプ」とコメントしており、かなり心を揺さぶられている。

美女たちが明かす、思わず返信してしまったDMの内容「ワンチャンなにかあるんじゃないか…」

 成蹊大学に通う現役女子大生で、ミス成蹊の準グランプリに輝いたことのある亀川萌絵子さん(21)は、30代から50代の男性から多くのDMをもらうという。必ずチェックするのはプロフィール。「フォロワーが2000人以上いると知名度があって影響力があるかなと思って、メッセージを返して友達になったりすることもあります」と打ち明けている。

ニューヨーク恋愛市場
ニューヨーク恋愛市場
#1:女子に嫌われる服王決定戦&女優もオトせる♡DM講座