『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」で戸田恵梨香演じる主人公・喜美子の夫・八郎役を演じブレイク、その後もドラマ「知ってるワイフ」「最愛」など話題作に出演し、キャリアを重ねる俳優・松下洸平が、司馬遼太郎(遼のしんにょうは点2つ)の人気小説を原作とした映画『燃えよ剣』(2021年10月15日公開)に出演。「新選組」隊士の斎藤一を演じる。斎藤は土方歳三と共に戊辰戦争・五稜郭の戦いまで戦い生き延び、明治維新後は警視庁の警察官となり、西南戦争では西郷隆盛軍と戦ったという異例の経歴を持つ、歴史ファンからも人気の高い人物だ。

 共演者には土方歳三役に岡田准一、近藤勇役に鈴木亮平と大河で主演を務めてきた実力派俳優が名を連ね、メガホンをとったのは『関ヶ原』『日本の一番長い日』の原田眞人監督。歴史物の巧者たちが集まる中で、松下はどのように斎藤を演じたのか。インタビュー前編では、プロフェッショナルな原田組の現場について語ってもらった。

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(後編) “鬼の副長”岡田准一に食らいつき演じた斎藤一 | インタビュー・特集 | ABEMA TIMES
『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(後編) “鬼の副長”岡田准一に食らいつき演じた斎藤一 | インタビュー・特集 | ABEMA TIMES
後編はこちらから
ABEMA TIMES

ブレイクの自覚はなし?サウナでおじさんに声をかけられドキッ

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 真摯で誠実、しかしながら時折見せる “男”の顔で、多くの視聴者をときめかせ“八郎沼”に引き摺り込んだ松下。「スカーレット」出演前に比べ、取り巻く環境も変わったのではないかと思われるが、本人はあまり自覚なし。「日常生活で実感することはあまりないです。街を歩いていてもマスクをしたり帽を子かぶっていたら全然気づかれないですし、逆に油断しちゃいそうになります。サウナに行くのが好きなんですけど、結構大っぴらにいると、ふいにおじさんに『朝から見てまーす』って声かけられたりして動揺します(笑)。スッポンポンなので恥ずかしいなって」と照れ臭そうに語った。

“アイデアを求められる現場”で活きた舞台の経験

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 撮影されたのは2019年。舞台を中心に活躍してきた松下にとって、映画・原田組の現場は新鮮に映った。原田監督は「その場で俳優の動きや表情を見て演出をつける方」だと松下は振り返り、印象的だったエピソードを教えてくれた。

「隊士のみんなが集まるシーンのときに、僕一人呼ばれて。(松下は)ずっと『一(はじめ)ちゃん』って呼ばれていたんですけど、『一ちゃん、ちょっと来て』って呼ばれて行ったら、僕の顔を持って、(顔の位置を)ずらすんです。照明の当たり具合を僕の顔で説明して『この角度のこの当たり方が僕の映画だから』って。すごいこだわりだなと思って、そこから顔を動かせなくなりました(笑)」

 照明の当たり具合も、その場の俳優によって変える。「この当たり方、この陰影の出し方が原田監督の作品の中での一番美しい俳優の写り方だっていうのが決まっている。僕たち俳優は、自然にお芝居していればスタッフのみなさんがそれに合わせて作ってくれる。カメラマンさんも照明さんも熟知して原田組にのぞんでいる。その一部になれたというのはものすごく嬉しかったです」とリスペクトは止まらない。

 慣れない映画の現場だが、舞台での経験も活きた。それは原田監督のワークショップに参加した際に感じたという。

「僕はずっと舞台をやってきたので、何度も同じことをやりながら試行錯誤していく環境で1ヶ月かけて稽古をして、『今日はこっちでやってみよう』という風に、失敗したり成功したりを繰り返す毎日でした。なのでワークショップでは自由に演じてよかったので、舞台のときと同じ様に色々試していました。原田監督はそういう発想をすごく面白がってくださったので、現場に行っても、『こういう思いだから、こういうシーンだからここにいたい』と細かな立ち位置なんかも原田監督に相談してプレゼンテーションしてみたんです。そういったディスカッションを現場でもできたことが僕としても嬉しかったです。逆に言うと、そういう自分自身のストックがないと太刀打ちできない、アイデアを求められる現場でした」

新選組の影の部分も生々しく描写 リアリティを追求する原田組の現場

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 撮影の多くは京都で行われた。「歩いていればそこかしこに新選組の足跡があって、当時を感じることができました。実際に撮影していた現場も、実際に新選組が慶喜公から直々に京都守護職を受けた現場で、同じシーンを撮影しました。(新選組の)座り位置も資料を元に座っていますし、それだけでタイムスリップした気持ちになりました」と振り返り、「皆さん成り切ってました。僕は岡田さんも鈴木亮平さんも山田涼介さんも初めましてでしたけど、あの場所に行って、実在の人たちがいたであろう場所で撮影して、それだけでなんていい経験をさせてもらったんだろうと思って、忘れられないです。貴重な経験でした」と感無量の様子。

 ロケ地だけでなく『燃えよ剣』のセットにも相当なこだわりがあったという。長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を新選組が襲撃、その名を世に轟かせた“池田屋事件”のセットは滋賀に作られ、事件現場の旅館・池田屋や長屋などの10棟が当時のままに完全再現された。現代の建物より狭いサイズの江戸時代の廊下や室内。そのセットで演じたからこそ、実感のこもった芝居が完成したのではないかと松下は語る。

「僕たち(土方や斎藤ら)が遅れてきたとき、敵も味方も全員が疲れ切って、近藤さんが『遅いよ、土方くん〜』とこぼすセリフがあるんです。中には殺してしまった隊士もいたと思うんですけど、基本的には生け捕りにしなければいけなかった。あの狭いところで、やんのかやんないのか!って何時間も戦っていたかと思うと……それで出た『遅いよ、土方くん』だったのかと思いました」

 芹澤鴨の暗殺シーンもリアリティを追求した。深夜、土方歳三、沖田総司、井上源三郎、斎藤一の並びで芹澤が眠る揚屋 (遊郭)に侵入。4人が縦に並び互いの鞘を握り合って進むいうシーンがあるが、それも完全再現したもの。暗闇の中まっすぐ進めるよう実際に行われたそうだ。

「華々しいだけじゃない。かっこよくて潔い部分と、新選組がいかに任侠に近い組織だったかというのが生々しく描かれていると思います。そこのリアリティさを原田監督はこだわったのだと思います」

撮影のない日もロケ現場へ「モニターを見ているだけですごく楽しかった」

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 『燃えよ剣』の現場で学んだのは、細かな表情の大切さ。自分が撮影のない日は、ロケ場所を調べて見学に行った。

「やはり映画はテレビや舞台に比べて、すごく生々しく映るなと思いました。舞台に立っているとデフォルメした表現に慣れてしまう。でも、映画は目を伏せただけでも気持ちが伝わる。自分が撮影ないときは、必ずどこでロケをしてるか調べて見学に行っていました。モニターを見ているだけですごく楽しかった。池田屋のシーンも、僕は実際には戦闘に参加してないんですけど、セットを組んでるのを見て、実際に現場で監督の後ろから見ていました。
岡田さんやみなさんがしている表情のお芝居が実際どんなふうに写ってるかわかっていなかったので、すごく勉強になりました」

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(前編) 「いかに任侠に近い組織だったのか」新選組の影をも生々しく描く原田眞人監督の現場

 斎藤一については「自分の人生を見極めて選択できる人物」と分析。「鳥羽伏見を経て脱隊した後に、逆に政府側に入り、後々警視庁までってって、ものすごく賢かったんだなと思います。その中で彼なりの正義や周りに対する敬意を持っている。口数も少なくて表情も読みとりにくかったと思うんですけど、誰よりも土方さんのことを愛していたし尊敬していたのではないかと思います。不思議な人ですよね。愛情が表に出る人ではないんですけど、芯は燃え滾っていて、見切りもいい。そこをどう表現すればいいかというのはすごく考えました」と語っており、松下の俳優人生にとっても学びのある役だったようだ。

 インタビュー後編では、松下が初めて臨んだ殺陣稽古や共演者との思い出を回想。松下が目撃した“鬼の副長”土方歳三を演じた岡田准一の姿とは。

『燃えよ剣』松下洸平インタビュー(後編) “鬼の副長”岡田准一に食らいつき演じた斎藤一 | インタビュー・特集 | ABEMA TIMES

(※インタビューは2020年3月に実施)


ヘアメイク:五十嵐将寿
スタイリスト:渡邉佳祐
写真:You Ishii
取材・文:堤茜子

(c)2020「燃えよ剣」製作委員会

関ヶ原
関ヶ原
動画はこちらから
ラスト サムライ(字幕)
ラスト サムライ(字幕)
動画はこちらから