離婚届を出した時どんな心境だった?「やばいって思った」「解放された」バツイチ同士で本音の話し合い『セカンドチャンスウェディング』第3話
番組をみる »

  10月1日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#3で、バツイチカップルたちが離婚届を出しに行ったときの心境を告白した。

【動画】離婚届を出した時どんな心境に?バツイチ同士で本音の話し合い

『セカンドチャンスウェディング』とは

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした10名の男女が1週間の集団同棲に参加する運びとなった。見事マッチングでカップルになったのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ヒロノブ(職業:農業、離婚から1年/28歳)とナルミ(職業:キャスティング事業・モデル、離婚から2年)。ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。タクヤ(職業:人材コーディネーター、離婚から6年/37歳)とユウキ(職業:会社経営、離婚から2年半/26歳)。#3からは、仕事の都合で遅れていたシンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)が途中参加した。

離婚届を出した時どんな心境だった?「やばいって思った」「解放された」バツイチ同士で本音の話し合い『セカンドチャンスウェディング』第3話

 集団同棲3日目、カップル同士で小樽でのデートに出かけた一行。デート中に偶然出会った、タクヤとユウキ、ツヨシとユイカ、ヒロノブとナルミの6人は、海鮮丼を楽しみながら、日常生活ではなかなかすることのないバツイチ同士の会話に花を咲かせた。まず口火を切ったのはユイカ。「離婚したとき『ウワッ』と思った私。24歳で離婚したから、バツついたと思って」と若くしてバツイチになったことについてショックを受けたことを明かした。これに同調したユウキは「すごいわかります。私も離婚したとき24だったから、この年でバツついた。やばいって思って」と当時の思いを打ち明けた。

離婚届を出した時どんな心境だった?「やばいって思った」「解放された」バツイチ同士で本音の話し合い『セカンドチャンスウェディング』第3話

 続けて「みんな2人で(離婚届け)出しに行った?」とユウキ。なんとナルミは「2人で出しに行った」そうで「異例パターン」だと驚かれたそうだ。ツヨシは「そんな仲良く出しに行くもんじゃないからね!あれは(離婚届は)」とツッコミを入れ、メンバーの笑いを誘った。

離婚届を出した時どんな心境だった?「やばいって思った」「解放された」バツイチ同士で本音の話し合い『セカンドチャンスウェディング』第3話

 一方、24歳でバツイチになったことにショックを受けながらも、離婚届を出した瞬間はハッピーな気持ちでいっぱいになったというユウキ。「すごいスッキリしましたもん。よし!ってなって、やったー!これで解放されたー!ってなった」と喜びで満ちたことを告白した。

離婚届を出した時どんな心境だった?「やばいって思った」「解放された」バツイチ同士で本音の話し合い『セカンドチャンスウェディング』第3話

 離婚時の話で盛り上がったメンバーの実際の心境はいかに。次週『セカンドチャンスウェディング』#4は10月8日(金) 23:00~より放送される。

「もう離婚したくない」セカンドチャンスウェディング第3話
「もう離婚したくない」セカンドチャンスウェディング第3話