「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話
番組をみる »

 10月1日(金)夜11時よりABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#3が放送され、集団同棲の最後の夜に男性が女性に対して本音の思いをぶつけ、ネクストステージである2人だけの同棲生活に進めるかに注目が集まっている。

【動画】「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に思いを伝え同棲を提案

『セカンドチャンスウェディング』とは

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした10名の男女が1週間の集団同棲に参加する運びとなった。見事マッチングでカップルになったのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ヒロノブ(職業:農業、離婚から1年/28歳)とナルミ(職業:キャスティング事業・モデル、離婚から2年)。ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。タクヤ(職業:人材コーディネーター、離婚から6年/37歳)とユウキ(職業:会社経営、離婚から2年半/26歳)。#3からは、仕事の都合で遅れていたシンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)が途中参加した。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 集団生活最後の夜、男性メンバーは意中の女性に思いを告白し、新居の鍵を渡す。お互いの合意がなければ破局。お互いが合意すれば4日間、2人きりの新居での同棲生活をスタートすることができる。

 最初に登場したのは、船上マッチングパーティーでは女性1番人気になりながらも、意中のユウキと上手に距離が縮められなかったタクヤ。タクヤはユウキに対し、「3日間ありがとうございました。すごく楽しくて、すごく幸せでした。まだユウキさんを見ていたいし、ユウキさんとこの旅を続けたいです。どんな結果になっても、1番伝えたいことは、ユウキさんの前にいられることが幸せで、離婚して初めて好きになったのがユウキさんでよかったです。僕は部屋で待っています」と声を震わせながら告白した。ユウキは「真剣だからこそ、ちゃんと考えて答えを出したいと思います」と返事をした。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 続いて、長野県で農業を営むヒロノブ。東京で暮らすナルミとの結婚後の住居について悩んでいたヒロノブだが「まだ旅を続けたいし、もっともっと知っていきたいので。もうバレていると思うけど、好きになっているので。是非、お願いします」と真っすぐに好きだという思いを伝えた。ナルミは「どっちに転んだとしても良い経験をできたと思えるように、プラスに考えようと思っています。お互いそうしましょう」と冷静に答えた。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 美容師のケンは、完璧主義と思われるエリカに戸惑いを感じていたようだが「2人でしゃべる時間もあったけど、一緒に生活をしてみないとわからない部分があるので、僕は前向きに考えています。お願いします」とまだエリカのことを知りたいと告白。エリカは「これからのことも考えて決めたいと思います」と真っすぐにケンを見つめて答えた。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 この日参加したばかりのシンゴは「一緒に1日過ごして、もっとミズホのことを知りたいと思いました。もしよろしければ、次のステップに一緒に進めたらと思っています。よろしくお願いします」と伝え、ミズホは大きく笑って鍵を受け取った。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 メンバーからすでに夫婦のようだと言われ続けていたリュウイチとヨウコ。リュウイチは「この数日間、本当にすごく楽しかったし。いろんな話ができてよかったと思っています。明日待っています」とストレートに告白。意外にもヨウコは無表情で何も言わずに鍵を受け取った。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 最後に登場したのは、シングルファザー、シングルマザーとしてお互いに子供を育てているツヨシとユイカ。ツヨシは「すごい緊張してるんですけど。一緒にいて中学生みたいな気持ち、初恋みたいな感じになりました。純粋にいいなと思いました。お互いの趣味やこれからのこと、明日からまたいろいろ知りたいと思っています」と照れながら告白。ユイカは「3日間すごく楽しくて、盛り上げてくれて感謝しています。ただ、私たちは子供がいるから、好きとか楽しいだけじゃいけない部分があるので。今日一日考えて、今後のことを決めていきたいと思っています」と真っすぐにツヨシの目を見つめながら伝えた。

「離婚して初めて人を好きになった」37歳バツイチ男性、26歳美女に想いを伝え同棲を提案『セカンドチャンスウェディング』第3話

 翌日、次のステージである新居に男女が揃えば、ネクストステージとなる4日間の2人きりの同棲生活に進むことになる。男性メンバーが全員、結婚に対して前向きな告白をしたことに対して、ほとんど表情を変えず冷静な態度を貫いた女性たち。スタジオのケンコバは「女性の気持ちが誰一人わからんかったわ」と感想を述べた。

 果たして、新居に女性たちは待っているのだろうか。次週『セカンドチャンスウェディング』#4は10月8日(金) 23:00~より放送される。
 

「もう離婚したくない」セカンドチャンスウェディング第3話
「もう離婚したくない」セカンドチャンスウェディング第3話