水瀬いのりが語る「劇場版SAOプログレッシブ」 新キャラは「自分の気持ちに嘘をつけないとっても正直者な女の子」
番組をみる »

 全世界累計発行部数2.600万部を突破した「ソードアート・オンライン(SAO)」シリーズは、2012年にTVアニメが放送され、これまでに4シリーズ全97話が放送されているメディアミックス作品。「SAO」シリーズ原作者の川原礫氏自らリブートした《アインクラッド》編を完全新作アニメーションで映画化した作品が、10月30日に公開の「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」だ。

【動画】ソードアート・オンライン

 「SAO」シリーズの始まりの物語となる本作では、ログアウトできなくなったデスゲーム《ソードアート・オンライン(SAO)》の世界の中で、《アインクラッド》の頂を目指して戦っていく様が、TVアニメで描かれなかったアスナ視点で新たに映像化。

 本作の公開に先駆けて、本作のオリジナルキャラクターとして登場するミトを演じた水瀬いのり(みなせ いのり)にインタビューを実施。念願の「SAO」シリーズ出演を果たしたという水瀬に、原点回帰となるストーリーの見どころや「SAO」シリーズの魅力について伺った。

「見た目だけではわからない部分に、ものすごく力を入れて描いていただいたキャラクターなんです」

――本作は《アインクラッド》編をリブートしてアスナ視点で描かれますが、水瀬さん演じるミトというオリジナルキャラクターも登場します。

水瀬:はい。ファンの方々がすでに体験したことがある《アインクラッド》編を、原点回帰として描く上での新キャラクターという難しい立ち位置なので、アフレコまで毎日毎日ドキドキしていました。

 「SAO」シリーズは、日本が世界に向けて発信している作品の1つだと思うので、きっとミトというキャラクターも国内だけではなく海を超えてたくさんの「SAO」シリーズファンのみなさんに、自分の名前とともに届くんだろうなと思いました。

――そんなミトは、アスナを《SAO》の世界に誘う重要なキャラクターですよね。

水瀬:アスナは今となってはとても強くて、気高いヒロインでありながらヒーローのようなカッコよさも持っている憧れの存在なんですが、そんな彼女にも苦手なものがあったり、恐怖心や弱さがあったりということが、ミトを描くことで深掘りされていると思いました。ミトがいるからこそ、アスナが普通の女の子でいられる時間があったと思うと、個人的にすごくキュンとしちゃいますね。

 ミトのスキンシップやゲームをしている何気ない2人の時間というものが、《SAO》の世界に行ってからかけがえのない時間という記憶として残っていて。ミトにないものをアスナが持っていて、アスナにないものをミトが持っているという2人なので、互いに認め合いながら尊敬し合えるパートナー同志だなと感じました。

――ミト役としてイベントに初登場された際、「SAO」シリーズへの出演が念願だとおっしゃっていたのが印象的でした。

水瀬:そうですね。「SAO」シリーズのオーディションを過去に受けさせていただいた経験がありまして、その際は自分の力不足やキャラクターとのご縁がなくて作品に出演することはなかったんです。だからこそ今回、ミト役のオーディションに声をかけていただけたことはすごく光栄で、挑戦できることの意味を感じながら参加したんですが、自分の思うミトというキャラクターを提示して合格のお知らせをいただけたので、すごく嬉しかったですね。

――ミトというキャラクターの第一印象はいかがでしたか?

水瀬:ビジュアル的に、とにかくクールでミステリアスな印象を受けていたのですが、オーディション時のセリフはすごく感情的だったので、自分の中ではすごくギャップがありました。「この子はこう見えるけれど、それだけじゃないんだな」とは、なんとなくオーディションの時から思っていました。

 合格したあとにシナリオを読んでみると、私が思っていたよりも、すごくわかりやすい子だったなという印象に変わりました。もっと複雑な感情が胸のうちにあって、言葉を選びながらしゃべっている子なのかなって勝手にイメージしていたんですが、自分の気持ちに嘘をつけないとっても正直者な女の子なんだなと。

――アスナ役の戸松さんもミトについて、ひと言で「こういう子なんです!」という枠では収まらないような、人間味がある子だとおっしゃっていました。

水瀬:ミトのそういう部分にきっとアスナも気づいているし、ミトが抱えているものをアスナが一緒に背負ってくれることもミトは知っていると思うんです。でも、それを言ったらアスナを巻き込んでしまうんじゃないかという思いすらも、バレているみたいな。そんな女の子だなと思いながら演じていたので、戸松さんのおっしゃるとおり、とっても人間味のある女の子でした。

――ミトの取る選択が物語のキーポイントになりますよね。

水瀬:何度もシナリオを読んでいくなかで、彼女が取る選択にすごく共感できる部分がありました。同時に見てくださる方々がどんな風にミトというキャラクターを受け取ってくれるのか不安な気持ちも最初はありました。改めて、見た目だけではわからない部分に、ものすごく力を入れて描いていただいたキャラクターなんだなと感じますね。

水瀬いのりが語る「劇場版SAOプログレッシブ」 新キャラは「自分の気持ちに嘘をつけないとっても正直者な女の子」

「それぞれの価値観の持つ選択肢というものを、皆さんにも見届けてほしい」

――本作はファンの方はもちろんですが、シリーズの始まりの物語ということで、これまで「SAO」シリーズを見ていなかった人も楽しみやすい作品だと思います。

水瀬:原作もたくさん巻数が出ていますし、TVシリーズのスタートからも10年ぐらい経っているので、日に日にファンの方は増え続けていると思うんです。そんな状況で「劇場版SAOプログレッシブ」という作品が、新しい入り口の1つになってくれればいいなと。

 その中で、TVシリーズがキリトの目線で描かれていて、本作ではアスナの視点になっているのは、とても贅沢な始まりの描き方だと思っています。同じ世界線だけどそれぞれの持つ性格や行動によって変化があっても、交わるところは一緒になっているので、歴代の「SAO」シリーズを見ている方にとっても、新発見がたくさんあるんじゃないかなと思いますね。

――視点が異なることで、それぞれの描写の細かい違いを見比べるのも面白いですよね。

水瀬:ぜひ見比べてみてほしいですね。やっぱり「SAO」シリーズは面白いなって感じられる仕上がりになっていると思います。

――改めて水瀬さんが思う「SAO」シリーズの魅力とは、どんなところでしょうか?

水瀬:「これは、ゲームであっても遊びではない―」というキャッチコピーがあるように、初めは戸惑いや恐怖心を植え付けられて、どんな風にこの世界に向き合っていけばいいんだという絶望から始まる物語なんです。それでも、アスナやキリトたちが一筋の光を見つけて前に進むんだという強い気持ちを持って協力していく姿を見ることで、自分も背中を押されるような。そんな状況だからこそ見つけられる絆がある作品になっています。

――最後に、公開を楽しみにしている方々へのメッセージをお願いします。

水瀬:本作は長く愛され続けている「SAO」シリーズの原点回帰となる物語で、皆さんが知っている《SAO》の世界を改めて深掘りするような作品になっています。ミトというキャラクターにとってアスナが、アスナにとってミトという存在がどれほど大事だったかということを、しっかり伝えられたら嬉しいです。それぞれの価値観の持つ選択肢というものを、皆さんにも見届けてほしいなと思います。

――ありがとうございました!

水瀬いのりが語る「劇場版SAOプログレッシブ」 新キャラは「自分の気持ちに嘘をつけないとっても正直者な女の子」

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
取材・写真・テキスト/miraitone.inc

「ソードアート・オンライン」全話配信中
「ソードアート・オンライン」全話配信中
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」全話配信中
「ソードアート・オンライン アリシゼーション」全話配信中
「ソードアート・オンライン」の見る順番を解説! 無料で視聴できる方法も紹介
「ソードアート・オンライン」の見る順番を解説! 無料で視聴できる方法も紹介
ABEMA TIMES

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア 」概要

水瀬いのりが語る「劇場版SAOプログレッシブ」 新キャラは「自分の気持ちに嘘をつけないとっても正直者な女の子」

【CAST】
キリト:松岡禎丞
アスナ / 結城明日奈:戸松 遥
ミト / 兎沢深澄:水瀬いのり
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
シリカ:日高里菜
ディアベル:檜山修之
キバオウ:関 智一
キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松 遥
ミト:水瀬いのり

【STAFF】
原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊) 原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・石川智美・渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾・中島 宏
2Dワークス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project

【音楽】
「往け」 LiSA(SACRA MUSIC)
作詞:LiSA /作曲:Ayase /編曲:江口 亮

【公式HP】https://sao-p.net/
【Twitter】https://twitter.com/sao_anime