プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由『隣恋2』第3話
番組をみる »

 ABEMAのオリジナル恋愛番組『隣の恋は青く見える2』#3が、10月9日(土)夜10時より放送。彼氏のリョウタから約2年前にプロポーズを受けるも、結婚話が進まずにいるワカナが、複雑な心境を明かした。

【動画】プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由

『隣の恋は青く見える2』とは

 『隣の恋は青く見える2』は、2021年5月に放送された『隣の恋は青く見える』のシリーズ最新作。パートナーへの不満や悩みを抱えている8組のカップルが、お互い同意の上で“お試し破局”を行い、“恋人公認の浮気”が許される状態になった男女の共同生活の様子を追いかける。7日間にわたる共同生活のうち、前半の舞台は北海道。ニセコ組と洞爺湖組に分かれ、元恋人のいないところで共同生活を行う。後半は沖縄で男女16人が合流。最終日に別れか、復縁か、新しい恋かを決断する。スタジオでは高橋メアリージュン・ユウ姉妹、マヂカルラブリー・村上がMCを務め、第3話はアレクサンダーがゲスト出演した。

 共同生活を送る8組のカップルは、アキラ(DJ/26歳)&ミサキ(接客業/22歳)、シンタロウ(パーソナルトレーナー/28歳)&エリナ(ヨガインストラクター/25歳)、セツヤ(専門学生/24歳)&キヨ(求職中/24歳)、リュウセイ(学生/21歳)&キョウカ(元アイドル/22歳)、ケンスケ(会社員/26歳)&マコ(役者志望/23歳)、レンゴ(パフォーマー/27歳)&コトエ(SE/23歳)、ナオキ(BAR経営/25歳)&リカ(ダンサー/25歳)、リョウタ(飲食店経営/30歳)&ワカナ(SNSコンサルタント/24歳)。

プロポーズ後に仕事が変化、宙ぶらりん状態に…

 リョウタとワカナの交際歴は約3年。今回の参加カップルの中で、最も多くの時間を一緒に過ごしてきた。だが、2人は約2年前のプロポーズから、前に進めない状態が続いている。共同生活3日目、リョウタはコトエとの“スイッチデート”の中で、ワカナにプロポーズしていることを告白。なぜそこから2年もの月日が経ってしまったのか、その理由について「仕事の状況が変わっちゃった」と説明した。プロポーズした後に「別の仕事をやりたい」という想いが芽生え、環境が変化したことにより、ワカナとの結婚が宙ぶらりんになってしまったのだという。

プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由『隣恋2』第3話

 これを聞いたコトエが「男の人って気にするじゃん」と口にすると、リョウタは「女の子側からしたらどうでもいいんですか?」と尋ねた。コトエは「どうでもよくはない」と前置きした上で、理想通りの結婚生活を送っている人はごく僅かなのではないかと主張。「例えば早くに子ども産んじゃうと、周りが遊んでいる時に遊べないって言ってる人もいれば、早くに産めたから、みんなが苦労した時に楽しめたって言ってる人もいる。要はその時の自分たちの考え方なのかなって私は思ってる」と持論を展開し、続けて「すごく誠実だね。そんな考えてくれる人と結婚できるって、めっちゃ幸せだと思う」と、リョウタを称賛した。

プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由『隣恋2』第3話

ワカナが明かした複雑な心境、涙を流す場面も

 しかし、プロポーズから2年が経過した今、ワカナの中では様々な想いが渦巻いていたのだった。レンゴと“スイッチデート”をしていた際、ワカナの口からは「向こう(リョウタ)がどんな風にそれ(結婚)について話してくるか。本当に自信なさそうな感じだったりとか、納得がいかないような感じの話をしたら、もうちょっと無理かな」と、別れを覚悟しているような発言も。さらにその後、“恋の天秤”の話題になると、ワカナは複雑な胸中を吐露した。“恋の天秤”とは、各自4個の重りを、元恋人とその他の異性に対して振り分け、自分の気持ちが誰にどれほど向いているかを示すもの。初日の夜、リョウタがワカナに置いた重りの数は2個。それが昨晩は3個に増えていたのだという。ワカナは「嬉しいっちゃ嬉しいんだけど、複雑な気持ちというか。そんな好きだったなら、ちょっとでもプロポーズに関する話をしてくれれば良かったじゃんっていう。今さら感がすごいあるなと思っちゃって」と、素直に喜べなかったことを明かした。

プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由『隣恋2』第3話

 そしてその日の夜、ワカナはリョウタに前日と同じ、1個の重りを置いた。自分の天秤を確認したリョウタは「昨日3つ置いたので、情的な部分で2個ぐらい置いてくれないかなという淡い期待はあったんですけど…」と、少し残念そうな表情。その上で「この後沖縄行ってからが勝負かなと思っています」と意気込んだ。

 一方、ワカナが天秤を見に行くと、リョウタからの重りは前日の3個からさらに1個増え、4個になっていた。増え続けるリョウタからの重りは、自分への気持ちが日に日に増していることを意味している。だが、ワカナに嬉しそうな様子は一切見られず、それどころか涙がこぼれ落ちた。「このままずっと一緒にいれたらいいなっていうのが1番だったんですけど、ちょっとその可能性が薄くなってきちゃったのかな」。そう涙ながらに語ったワカナ。翌日からは沖縄に舞台を移し、リョウタもいる環境で共同生活を送ることになっている。復縁か、別れか。リョウタと再会した時、ワカナの心はどちらに傾くのだろうか…。

プロポーズから2年経過…“永遠婚約中”のワケありカップル、結婚に至らない理由『隣恋2』第3話

  次回は沖縄編がスタート。これまで離れ離れだった元恋人が目の前に現れ、メンバーたちの間に緊迫した空気が張り詰める。後半戦に突入し、大きく回り出した恋の歯車。その先に待っているものとは…?『隣の恋は青く見える2』#4は、10月16日(土)夜10時より放送。
 

旧愛vs新恋 浮気相手と初対面『隣の恋は青く見える2』3話
旧愛vs新恋 浮気相手と初対面『隣の恋は青く見える2』3話