バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで意見が食い違い?『セカンドチャンスウェディング』第4話
番組をみる »

 10月8日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#4で、バツイチカップルが結婚後のお金管理について話す場面に注目が集まった。

【動画】バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで早くも意見が分かれる?

『セカンドチャンスウェディング』とは    

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした10名の男女が1週間の集団同棲に参加する運びとなった。見事マッチングでカップルになったのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ヒロノブ(職業:農業、離婚から1年/28歳)とナルミ(職業:キャスティング事業・モデル、離婚から2年)。ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。タクヤ(職業:人材コーディネーター、離婚から6年/37歳)とユウキ(職業:会社経営、離婚から2年半/26歳)。#3からは、仕事の都合で遅れていたシンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)が途中参加した。

バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで意見が食い違い?『セカンドチャンスウェディング』第4話

 #4からは、集団同棲を経て、もっとお互いのことを知りたいと感じたカップルによる2人きりの同棲生活がスタート。同棲生活には、ツヨシとユイカ、ケンとエリカ、リュウイチとヨウコ、シンゴとミズホの4組が残った。

 1日目、カップルごとに買い物や4日間のスケジュールについて話し合う様子が流れたが、ケンとエリカの間には早くも不穏な空気が立ち込めていた。「1日1万あったら足りる?」と尋ねるケンに対してエリカは「どこに行くか。生活費だから食料品だけじゃない。遠出するんだったら、そういうのもかかってくる」と生活費の配分を説明、お金はケンが管理することとなった。

 ここでエリカが「(結婚して)お財布を握るのはケンちゃん?」と質問するとケンは「正直、お互いがお互いでというのが理想やけどね。家賃は俺が払うしとか、ここは(エリカが)払ってねとか」と、理想とする家計管理の計画を明かした。エリカが「お互いが全然把握しないってこと?」と聞くとケンは「そうだねぇ。うん。別々でいいかなって思う」とぼんやり答えた。

バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで意見が食い違い?『セカンドチャンスウェディング』第4話

 一方、ツヨシとユイカのカップルは、食事についての相談をしながら、必要な買い物をノートにメモ。2人の仲睦まじい様子に、スタジオのケンコバは「のほほんとしてるな、こっちは」と感想を述べた。

バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで意見が食い違い?『セカンドチャンスウェディング』第4話

 シンゴとミズホは4日間のスケジュールを計画中。シンゴがスケジュールをメモする字を見たミズホは「かわいい字。字がかわいい~」と絶賛。ミズホが「車乗りたい。ドライブしたい」と提案すると、シンゴも「ドライブね。OK。遠回りしながら、ニセコを満喫しよう」と和やかな空気に包まれていた。

バツイチカップルの同棲スタート!お金管理の話し合いで意見が食い違い?『セカンドチャンスウェディング』第4話

 ケンとエリカの行く末はいかに?『セカンドチャンスウェディング』#5は、10月15日(金) 23:00~より放送される。

同棲or別れ…女の決断、男の涙『セカンドチャンスウェディング』#4
同棲or別れ…女の決断、男の涙『セカンドチャンスウェディング』#4