バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話

 10月8日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#4で、バツイチ男女カップルが料理の価値観の違いでぎくしゃくする場面があった。

【動画】バツイチカップル、同棲開始で一緒に料理をするも彼氏の“作り方”に驚き…気まずい空気に

『セカンドチャンスウェディング』とは    

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ、益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした10名の男女が1週間の集団同棲に参加する運びとなった。見事マッチングでカップルになったのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ヒロノブ(職業:農業、離婚から1年/28歳)とナルミ(職業:キャスティング事業・モデル、離婚から2年)。ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。タクヤ(職業:人材コーディネーター、離婚から6年/37歳)とユウキ(職業:会社経営、離婚から2年半/26歳)。#3からは、仕事の都合で遅れていたシンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)が途中参加した。

バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話

 #4からは、集団同棲を経て、もっとお互いのことを知りたいと感じたカップルによる2人きりの同棲生活がスタート。同棲生活には、ツヨシとユイカ、ケンとエリカ、リュウイチとヨウコ、シンゴとミズホの4組が残った。

 1日目の夜、2人でキッチンに立ったケンとエリカ。お米を研ぐときにペットボトルの水を使っているケンの姿を見たエリカは「前の夫婦生活で一緒に作ったしりしてた?」と質問。「全然してないよ」とケンはさらりと答えた。続けてケンは、生の鶏肉をペットボトルの水で洗いだし、エリカは「鶏肉洗うの?」とやや疑問を持った様子。「うん、防腐剤とか(気になる)」とケン。

 今度は、水道水で味噌汁を作ろうとするエリカに対して「いつも水道水でやってるの?」とケン。エリカは「味噌汁は水道水。嫌?」と聞くと、ケンは「大丈夫」と答えるも、その態度を見てエリカは「絶対嫌だったよね。そういうところ言っていかないといけないと思う」と指摘。最終的にケンは、サラダに使う野菜までペットボトルの水で洗いはじめ、エリカは目を丸くしてかなり驚いている様子の表情を見せた。

バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話
バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話
バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話

 食事が出来上がると、肉じゃがの出来が完ぺきではなかったことを気にしているエリカ。その姿に対してケンは「結構、料理厳しそうやな」と一言。エリカは「厳しくない。食べられたらなんでもいい。人が食べてくれるならちゃんとしたいと思っちゃうかも」と作り笑いを浮かべた。

バツイチカップル、同棲開始で一緒に夕飯作りをするも彼氏の料理の仕方に驚き…気まずい空気に『セカンドチャンスウェディング』第4話

 気まずい空気が流れる2人。今後の2人に注目が集まる。『セカンドチャンスウェディング』#5は、10月15日(金) 23:00~より放送される。

棲or別れ…女の決断、男の涙『セカンドチャンスウェディング』#4
同棲or別れ…女の決断、男の涙『セカンドチャンスウェディング』#4
ABEMA