「好きにならなくて別にいい」小松菜奈、“虫が苦手”にアドバイスを送る
番組をみる »

 映画『恋する寄生虫』の女性限定試写会が14日都内で行われ、主演を務める俳優の林遣都(30)と女優の小松菜奈(25)が登場した。

【映像】映画『恋する寄生虫』の予告

 この映画は、林演じる極度の潔癖症に苦しむ孤独な青年、高坂賢吾と、小松演じる視線恐怖症で不登校の女子高生、佐薙ひじりの切なくても美しい異色のラブストーリーだ。

 イベントでは、心に痛みを抱える役柄を演じた林と小松がSNSで募集した若者の悩みにアドバイスを送るという企画を開催。その中の「虫が苦手。好きになるには?」という10代女性の悩みに林は「命を感じる事が大事じゃないのかなと思って、見た目がちょっと嫌なものでも、頭ごなしに拒絶するのではく、みんな生きているんだと感じて蚊でもとまった時に、この血を吸って生きているんだな…」とコメント。

 続けて小松は「すみません、優しいコメントの後、心苦しいんですけど血は吸われているので、容赦なく(叩く)。好きに別にならなくてもいいんじゃないかなと思う。苦手なものもみんなありますし、私も好きな虫と苦手な虫がいるので」と対照的なアドバイスを送った。

 さらに「写真を撮られる時に自然な表情を出すコツは?」という30代女性の悩みに、小松は「お仕事をしていても慣れない。この取材をしている時も、遣都さんと一緒に写真を撮って頂く時も『向かい合って見つめ合って下さい』と言われるんですけど、役じゃないので、ちょっと照れくささがありますし、みんな『どうしようね アハハ』というのを撮ってもらっています」と本音を漏らしていた。(『ABEMA NEWS』より)

林遣都&小松菜奈 悩み相談で本音
林遣都&小松菜奈 悩み相談で本音