「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

 密室スリラーの火付け役として1997年に公開され、世界中で大ヒットを巻き起こした、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』。そして10月22日(金)より、日本屈指の名優らによってヴィンチェンゾ・ナタリ監督初の公認リメイクとして『CUBE 一度入ったら、最後』が公開となる。

 目が覚めると謎の立方体=CUBEに閉じ込められていた男女6人。接点も集められた理由もわからぬまま6人はCUBEからの脱出を試みるも、次々と恐ろしい殺人的トラップが彼らの身に襲い掛かる。果たして6人は無事脱出することができるのだろうか――。

 本作は主演の菅田将暉を筆頭に豪華俳優陣が集結。岡田将生はフリーターの越智真司を、吉田鋼太郎は会社役員の安東和正を好演。劇中では波長が合わず、何かと衝突している2人だが、プライベートでは一緒に飲みにいくほどの良好な関係だと明かす。取材中も互いに下の名前で呼び合いつつ、過酷な撮影の日々を告白した岡田と吉田。だがその裏では映画の内容からは想像もつかない、癒しの存在や共演者との穏やかなやりとりが見えてきた。岡田&吉田の仲良しトークと共に『CUBE 一度入ったら、最後』の撮影秘話に耳を傾けてほしい。

CUBEの閉鎖的なセットに疲弊も吉田鋼太郎「みんなのお芝居が面白いから…」

「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

――大ヒット映画のリメイク作ということで、本作への出演が決まった際の気持ちについてお聞かせください。

吉田:オリジナル版は公開された当時すぐに映画館に観に行ったんですが、あまりにも面白いものだからもう何回も観ちゃって。とっても大好きな映画だから、その登場人物になれると聞いた時はすごくワクワクしたのと、オリジナル版に負けない作品を作ろうという両方の気持ちがありました。

岡田:僕もオリジナル版は観ていて以前からすごく好きな映画でした。この仕事を始めてから改めてオリジナル版の『CUBE』を観る機会があったんですが、本当にアイディアが溢れているんですよね。ただこれをリメイクでやるのはすごいなって。でも共演者の方々の名前を聞いて、「このメンバーと同じ空間でお芝居できたら楽しいだろうな」と思いました。

――役作りで気をつけたところは?

吉田:キャラクターの細かな設定なんですが、台本には簡単な説明しか書いていないんですよ。もしかしたら将生なんて役の説明も書いていないんじゃない?

岡田:そうですね。

吉田:そんな感じだからその人の具体的な環境を割り出していく作業ができないわけ。ただ僕の場合はセリフから傲慢で自己中心的なキャラクターというのは読み取れて。あとは共演者との芝居からそこで何が生まれるか、それ頼みでした。

――直接現場で探っていく感じでしょうか?

吉田:本当そう。しかも設定上ずっと同じ場所にいるから、「次、将生はどんな芝居をするんだろう?」「どう受け止めれば良いんだろう?」なんて考えていると頭痛くなってくる(笑)!

「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

――撮影で特に大変だったことは?

岡田:1ヶ月弱の撮影で僕は「もうCUBEの中は嫌だ」と思いました(笑)。あの閉鎖的でずっと景色の変わらない空間がキツくて。たまにCUBEの空間が赤のライティングに変わり、そこで1日撮る時もあるんです。そうなってくるともう気が狂いそうになるんですよ。だから菅田くんに「外出よう」と声を掛けて一緒に出るんですけど、その時には辺りも真っ暗っていう。それで「もう嫌だ!」って(笑)。逆に鋼太郎さんは大丈夫そうでしたよね?

吉田:そうだね。でもこの映画は普通の撮影現場と全然違うから。しんどいまではいかなかったけど、景色が変わらないから途中でちょっと飽きたね(笑)。それでもやっぱりみんなのお芝居が面白いから、空間には飽きちゃうけど、仕事自体はとっても刺激的でした。

岡田:ただ、もしこれが違う共演者との撮影だったらまた変わっていたかもしれない。今回は皆さん本当に良い人達ばかりだったから、あの中にいても特に大変なことも起きず撮影できたと思うんです。あの空間の中に1人でもタイプの違う人がいたら、映画の雰囲気もだいぶ変わっていたのかなという気がします。

――逆にこの撮影だからこそ感じた楽しさは?

吉田:ずっと近い距離に(岡田が)いるからさらに将生と親しくなった!

岡田:そうですね。距離感はさらに近くなりましたね。

――プライベートでも連絡を取り合っているんですか?

吉田:取り合っていますよ。ご飯に誘ったりとか。でも将生は外に出るのが好きじゃないんですよ。無理やり呼んだら来てくれるけど、いつも彼は文句言って帰っていきます(笑)。

岡田:そんなことないですからね(笑)。鋼太郎さんとは前にも作品でご一緒させてもらっているのですが、共通の先輩方との繋がりもあり、そこからご飯に誘ってもらっています。コロナ禍が落ち着いたらまた行きたいですね。

吉田:うん。やっぱりこういうご時世だからね。


現場には子犬8匹が待機!?岡田将生「裏では180度違う空気が流れていました」

「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

――現場での雰囲気はいかがでしたか?

吉田:緊張感が張り詰めてばっかじゃ良い芝居もできなくなっちゃうから、みんなそれをあえて崩そうとしていたかもしれないですね。菅田くんや杏ちゃんもマイペースで飄々としているように見えるけど、実は周りにすごく気を遣っていたり。控え室に色んなグッズを持ってきてみんなが寛げるようにしてくれていました。

岡田:みんな年齢関係なく盛り上がっていましたよね? 田代(輝)くんには、学校で起こったことを聞いたり、みんなでテストの勉強を見たり。

吉田:将生が1番(田代と)仲良くしていたよね。

岡田:そうですね。今日久しぶりに田代くんに会ったらすごく背が伸びていてびっくりしました。

――現場での裏エピソードがあれば教えてください!

岡田:鋼太郎さんのワンちゃんが現場に来ていたんですよ。当時、生まれたばかりの仔犬で8匹くらい控え室に待機していました。映画ではみんな緊張感のある芝居をしていますが、裏では180度違う空気が流れていました(笑)。

――確かにあの映画の裏で可愛いワンちゃんが戯れているなんて信じられないです!

吉田:はははっ! そりゃそうだよね〜(笑)。

岡田:(切実に)可愛かったな…。

吉田:将生は犬好きだからね。うちの犬も1匹貰ってほしかったくらい。

「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

――最後に『CUBE 一度入ったら、最後』では見えない敵との戦いが描かれていましたが、最近プライベートで実際に遭遇した恐怖体験は?

岡田:高速道路の降り口を間違えちゃった時。たまたまナビがバグっちゃって高速道路にいるのに「Uターンしてください」と指示が出て本当に怖かった。「やばいやばい。無理だよ…」って1人でずっと言っていましたから(笑)。

吉田:それは恐怖だな。その後どうなったの?

岡田:次の降り口で降りて、ナビを設定し直して何とかなりました。ただナビに無茶を言われたのがものすごく怖かった(笑)。

「さらに距離が近くなった」岡田将生&吉田鋼太郎の仲良しトーク炸裂!映画『CUBE 一度入ったら、最後』インタビュー

取材・文:近藤加奈子
写真:mayuko yamaguchi

(C)2021「CUBE」製作委員会

銀魂
銀魂
動画はこちらから
劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
動画はこちらから