バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露「子供のことを考えると…」『セカンドチャンスウェディング』第5話
番組をみる »

 10月15日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#5で、シングルファザーとシングルマザーのバツイチカップルが、子連れ同士の再婚についての本音を打ち明けた。

【動画】バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露

『セカンドチャンスウェディング』とは    

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした12名の男女が1週間の集団同棲生活を送った。集団同棲終了後には、もっとお互いを知りたいと感じたカップルによる2人きりの同棲生活がスタート。同棲生活に進んだのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。シンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)の4組。

 お互いにシングルで子供を育てていることで意気投合したツヨシとユイカ。これまでも仲睦まじく順調な様子に見えていたが……。

バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露「子供のことを考えると…」『セカンドチャンスウェディング』第5話

 この日の夜、ケンとエリカとともにジンギスカン屋を訪れたツヨシとユイカ。食事中に突然、ケンが外にツヨシを呼び出した。ケンはツヨシに恋愛の進捗を聞きたかったようだ。外に出て「どう?」とケンから尋ねられると「なんかまだ実感わかないです」と回答したツヨシ。「楽しいけど、この先の展開があるのかなって思っちゃう」と意外な本音を打ち明けた。

バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露「子供のことを考えると…」『セカンドチャンスウェディング』第5話

 「楽しいし、一緒にいて楽だけど、子供のことを考えると。子供のことを第一優先に考えながら(次に)俺らの恋愛みたいな」とも明かしており、子供のことについてまだ引っ掛かりがあるようだ。ケンから「もし一緒に住んだら」と聞かれると「もし住んだときの話とかは全くしてないです。今後の話とか全くしないです」と仲がいいように見えるが今後の具体的な話はしていないことを告白した。

バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露「子供のことを考えると…」『セカンドチャンスウェディング』第5話

 一方、女性2人になったユイカとエリカ。エリカから「やっぱり子供の問題は大きいよね」と聞かれると「大きいよね」とユイカ。「すぐは会わせられないなあ。一緒に仲良くしてるときは楽しいんだけど。どっかで壁作っちゃうというか、私が。難しいな。この旅で仲良くなっても、まだ正直どうなるかわからないじゃん。そういう状態で(子供は)会うべきじゃないなっていうのは思う。でもそれがなかったら進まないと思うし。すごい迷う」と心情を打ち明けた。

バツイチ子持ちカップル、子連れ同士の再婚の難しさを吐露「子供のことを考えると…」『セカンドチャンスウェディング』第5話

 ツヨシとユイカの子供の問題は解消できるのか。『セカンドチャンスウェディング』#6は、10月22日(金) 23:00~より放送される。

同棲を始めた4組。生活の中で生まれるズレ『セカンドチャンスウェディング』第5話
同棲を始めた4組。生活の中で生まれるズレ『セカンドチャンスウェディング』第5話