10月14日(木)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『大人の恋愛地図(オトナの恋愛マップ) Supported by 東京カレンダー』#1が放送。女性から2人の関係について迫られた男性の心理状況について、吉村が複雑な男心を代弁した。

ノブコブ吉村、数回デートした女性から一夜を共にしそうなタイミングで「私たち付き合ってるの?」と言われたら…
番組をみる »

【動画】ノブコブ吉村、数回デートした女性から「私たち付き合ってるの?」と言われたら

 本番組は「東京カレンダーWEB」にて連載中の大人気小説「男と女の答えあわせ」を実写ドラマ化した作品。全4回に渡り、男女の持つ異なった恋愛の価値観から起こるすれ違いを、1つのテーマに沿ってそれぞれの視点で描写していく。

 スタジオでは平成ノブシコブシ吉村崇がMCを務め、女優の足立梨花、タレントのJOY、“恋愛マスター”で俳優のマイケル富岡、タレントの井口綾子がゲストとして登場。“大人の遊び”を感じさせる東京カレンダーならではのレストランで、多様な意見を交わしながらテーマについて深堀りしていく。

 今回は『ワンナイト』をテーマに、惹かれ合う男女のすれ違いを男性・女性それぞれの視点からショートドラマで再現。男性パートのドラマでは、宅飲みに誘われ手をだそうとするも「今日、私あの日なんだよね」と断られてしまいため息をつく男性の姿が描かれた。しかし女性パートのドラマでは、その答え合わせをするかのような描写が。宅飲みの最中、手を出そうとしてくる男性に「私たちって、付き合ってるのかな?」と質問する女性。男性の「お互いがそう思ってるなら、そうなんじゃない?」という曖昧な返答を聞いて「ワンチャンのつもりか」と判断した女性は「今日、私あの日なんだよね」と彼の誘いを断ってしまったのだ。

ノブコブ吉村、数回デートした女性から一夜を共にしそうなタイミングで「私たち付き合ってるの?」と言われたら…

 結ばれるかに見えた2人だったが、些細な言葉の掛け違いをキッカケにすれ違い。そんなドラマのシチュエーションを振り返り、井口は「女はいくつになっても言葉で表してほしい」と女心を解説した。

 スタジオで“女性に2人の関係を問われた際の最善の返答”について会話が弾む中、男性が曖昧な返答をしてしまった理由について吉村は「ドキッとしちゃうのよ。『結婚までしないといけないのか!?』とか(妄想が)ぐあーって広がっちゃう。『(婚姻届けに)ハンコ押しますよね?』って言うぐらいの圧」と男性の気持ちを代弁。しかし、情事に及ぶ際に質問するより、「飲みの場で『私たちどういう関係?』とは聞きづらい」と話す女性に対し、男性陣は「そっちのほうがいい!」「あそこ(一線を越える前)はだめよ!頭なんにも回ってないんだから」と口をそろえた。

ノブコブ吉村、数回デートした女性から一夜を共にしそうなタイミングで「私たち付き合ってるの?」と言われたら…

 また、男性の自宅に招かれた女性が洗面所でさりげなく女のカゲを探る様子にも「あんなんやってんですか?」と男性陣は驚いた様子を見せる。付き合う前に異性の部屋を訪れる理由として、女性が上げたのは金銭感覚・衛生面・価値観が合うかなどのチェックや、彼に彼女や妻がいないかを判断するためだった。女性が洗面所やトイレ、ベッド回りなどに目を光らせるのに対し、「男性は(ベッドまでの)動線しか見ていない」と発言する吉村。あまりにもわかりやすい男女の違いが浮き彫りとなった。

ノブコブ吉村、数回デートした女性から一夜を共にしそうなタイミングで「私たち付き合ってるの?」と言われたら…

 次回、第2話では男女のすれ違いから起こる『連絡が途絶えた訳』について忍成修吾と三戸なつめがそれぞれの視点からドラマを熱演。順調に進んでいたかに思われるデート、しかし、そこには互いのすれ違いが…!?『大人の恋愛地図(オトナの恋愛マップ) Supported by 東京カレンダー』#2は、10月28日(木)夜11時より放送予定。
 

阿部力×中村静香『ワンナイト編』
阿部力×中村静香『ワンナイト編』