アニメ「キングダム」最終話、信と羌カイの再会に感動!第4シリーズ放送決定に歓喜の声
番組をみる »

 10月17日より順次放送中のアニメ「キングダム」最終話では、主人公・信(CV:森田成一)とヒロイン・羌カイ(CV:日笠陽子)が感動の再会を果たした。

 同アニメは、累計8000万部を突破した原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメシリーズの第3弾。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す青年・信と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(CV:福山潤)の活躍が描かれる。

【動画】「キングダム」全シリーズ配信中

 前回の第25話「巫舞の違い」では、合従軍との戦いに貢献した者に褒美を与える“論功行賞”の式典が行なわれた。まずは、戦死したヒョウ公(CV:斎藤志郎)を含む7人の将軍に特別大功が与えられた。さらに、“函谷関の戦い”で趙将・万極(CV:武藤正史)を討ち取り、“サイ攻防戦”では、ホウ煖(CV:高塚正也)を撃退した信にも特別準功が贈られた。天下の大将軍にまた一歩近づいた信に、視聴者からは「信が堂々としてて感動した…」「昇格おめでとう!」「武功が認められて良かった…!」などの反響が寄せられた。

 最終話「別の道」では、幽連と羌カイの一騎打ちが決着を迎えた。さらにエンディング後のCパートでは、戦いを終えた羌カイが飛信隊に帰還する姿も描かれた。飛信隊の隊長・信が「おかえり、羌カイ。待ってたぞ」と彼女に告げるシーンもあり、Twitter上には「おかえりー!」「やっと帰ってきたーーー!」「この日を待ってたよ」「なんとも言えんぐらいジーンときました」といった感動の声が続々と上がった。

 また、本編の最後には「第4シリーズ 2022年春 放送決定!」の文字が表示された。放送終了後、番組公式Twitterは「第4シリーズ 2022年春 放送決定! 国家存亡の危機を乗り越えた秦国に、新たな波乱の兆しが…?!」と、あらためて続編の放送決定を発表した。嬉しい知らせに、ファンも「待ちきれない!」「楽しみ増えた」「第4シリーズ決定嬉しすぎる!」と喜びを爆発させていた。

第26話「別の道」
【あらすじ】

現・蚩尤の幽連と誰よりも蚩尤としての才能があると言われた羌カイ。最強の蚩尤同士の戦いは熾烈を極める。その身に“神”をおとして戦うと言われる蚩尤が使う“巫舞”を極めるため、現世へのしがらみや想いを全て断ち切った幽連の圧倒的な強さに追い詰められる羌カイ。だが、抗う力もないまま失いかけた意識の中で、羌カイは、一筋の“光”を見る。その“光”に “巫舞の秘密”を垣間見た羌カイは……!?

※ヒョウ公のヒョウは鹿+れんが
※サイは草かんむり+最
※ホウ煖のホウは广+龍
※羌カイのカイはやまいだれ+鬼
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ