岡野陽一、借金の有用性を説くも…なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に
番組をみる »

 10月20日、テレビ朝日とABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#3が放送。借金まみれの“クズ芸人”と話題の岡野陽一が借金への誤解やメリットをスピーチしたが、なぜか途中から金持ちの見分け方トークに。さらに、お金を借りやすくなる裏技(?)まで披露した。

【動画】岡野陽一、なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア、日向坂46・佐々木久美。

岡野陽一、借金の有用性を説くも…なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に
岡野陽一、借金の有用性を説くも…なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に

 現在の借金額が約1200万円という岡野は、「借金って聞くと、『最悪だ』『だらしない』ってイメージですよね」とスピーチをスタート。「借金=返さないと思ってませんか? 元来、そんな意味ないですよ」と主張し、「良い金借りと、悪い金借りがいる。9割以上は一生懸命返済している」「悪いのは、返さないこと。借金は悪いことじゃない。そこを、とにかくわかってほしい」と訴えた。

 岡野は「借金をすると、信用される。借りて返すを繰り返すと、『誠実だ』となる」「マイナスからスタートするので、『すごいなコイツ』となる」と持論を展開。さらに一番のメリットとして、「借金をしていることによって、人のために何でも頑張れるようになる。債権者様のおかげ」と生き様の変化にまで言及した。

 しかし残り40秒を切ったあたりで、スピーチの雲行きが怪しい方向に。お金が無い人から借りるのはトラブルになるが、かといって貯金があるか聞くのは失礼になると自覚している様子の岡野。「そこで、お金を持っている人を簡単に見分ける方法を教えます」とスピーチを続けた。

 岡野が「駅の改札を友達と通った時に、Suicaの残高を見てください。1万円以上あったらソイツは貯金あります」と語ると、ジュニアや佐々木は大笑い。加えて、「ドラム式洗濯機を持っている人も、貯金100万円以上あります」と断言するなど、自ら編み出した“金持ちの見分け方”を次々に披露した。

 ジュニアは大笑いしつつ「あなたが今、ホントに良い金借りか悪い金借りかは、まだわからない。答えが出てない」と鋭いツッコミ。岡野は「それはジュニアさんが一回、僕に貸してみないとわからない」とお金を貸してみたくなる提案をナチュラルに織り交ぜ、高度な借金テクを見せつけた。

 またジュニアから「お金を借りやすくするコツはあるの?」と聞かれ、岡野は「今イチオシの方法があります」「金を借りられる確率が上がります」と豪語。その方法とは、「すごく痛そうに借りること」だそうで、岡野は中腰で腰を抑えながら片目を痛そうにつぶり、「佐々木さん……すみません、3万円でいいんで、ホント借してください~……」と佐々木相手に懇願。「これだけで全然変わります」と語ったほか、「基礎テクニックは、雨の日に借りに行くこと。濡れてるとかわいそうに思われるから」と明かしていた。

岡野陽一、なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に
岡野陽一、なぜか「金持ちの見分け方」を熱弁する事態に
2分59秒
2分59秒
「神や仏は存在します」命の危機を乗り越えていた住職が語る衝撃のエピソード
「神や仏は存在します」命の危機を乗り越えていた住職が語る衝撃のエピソード
ABEMA TIMES