しゅうぞう、告白前にセイラと最後のデートへ、失恋したさくらも「一番好き」三角関係の結末は?『虹オオカミ』最終回
番組をみる »

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』の最終回が、10月24日(日)よる10時より放送。しゅうぞうがセイラを呼び出し、気持ちを伝えた日の夜、さくらもしゅうぞうに「月LINE」を送信し、諦めきれない恋心を告げた。

【動画】ついにオオカミの正体が判明、衝撃の展開に!涙の結末

『虹とオオカミには騙されない』とは

しゅうぞう、告白前にセイラと最後のデートへ、失恋したさくらも「一番好き」三角関係の結末は?『虹オオカミ』最終回

 『虹とオオカミには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしない“嘘つき”オオカミが、男女のどちらか一方に 1 人以上潜んでいる(第12話で“オオカミ”は男性であることが判明)。スタジオでは飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、最終回は矢吹奈子HKT48)と本田仁美AKB48)がゲスト出演した。

 女性メンバーは、アリアナさくら(さくら/17歳)、安斉星来(セイラ/17歳)、和内璃乃(りの/18歳)、momoca(モモカ/20歳)、加藤乃愛(のあ/18歳)、Taki(21歳)。男性メンバーは大平修蔵(しゅうぞう/20歳)、西岡星汰(しょうた/17歳)、堀海登(かいと/22歳)、YOSHIKI EZAKI(エザキ/20歳)、山下航平(こうへい/22歳)。

しゅうぞう&さくら、最後の「月LINE」デートで甘い雰囲気に

 “シリーズ史上最強のモテ男”しゅうぞうを巡る恋は、最後まで予測不能な展開となった。長らくの間、気持ちが揺れ動きながらも、最終的にはセイラに心を固めたことを明かしたしゅうぞう。最終告白を目前に控える中、セイラに「月LINE」を送信し、2人きりの時間を満喫した。セイラとカフェを訪れ、「デートしようよ」と嬉しそうに口にしたしゅうぞうに、以前のような迷いは感じられない。セイラがしゅうぞうの口元をティッシュで拭き、照れ笑いを浮かべる場面もあった。そして、セイラが空を見上げ「眩しいよ」とつぶやくと、しゅうぞうは愛おしそうにその頭をナデナデ。いつになくイチャイチャする2人に、スタジオのMCから黄色い歓声が飛んだ。

しゅうぞう、告白前にセイラと最後のデートへ、失恋したさくらも「一番好き」三角関係の結末は?『虹オオカミ』最終回

 だが、最終告白は目前に迫っており、セイラは「もう終わりか、嫌だな」としんみり。するとしゅうぞうは「けど、今が一番楽しい。一番楽しいし、出会えて良かったよ」とストレートに想いを伝え、セイラを照れさせた。その後セイラは「待っててね」と告白を予告。しゅうぞうも「待ってるよ」と返し、甘い空気を漂わせていた。

さくら「1番好き」しゅうぞうに最後のアタック

 一方、さくらもその日の夜、しゅうぞうに「月LINE」を送信。しゅうぞうを一途に想い続けるも失恋してしまい、新しい恋を模索する動きも見せていたさくらだったが、気持ちを断ち切ることはできなかったようだ。しゅうぞうを呼び出し、2人で花火を楽しんだ後、さくらは「たぶん私に気持ちはないと思うから。でもオオカミでもオオカミじゃなくても、私はしゅうぞうくんのことが1番好きです」と変わらぬ想いを吐露した。さらに、切ない笑みを浮かべつつ、「こういう気持ちになるんだったら出なきゃ良かったなとかすごい悩んで。でも、最終告白の時はしゅうぞうくんに気持ち伝えたいなって思っているから」と宣言。「(結果が)どんな形であれ、ありがとう」と感謝を告げた。

しゅうぞう、告白前にセイラと最後のデートへ、失恋したさくらも「一番好き」三角関係の結末は?『虹オオカミ』最終回

 そして最後に、さくらが「セイラちゃんを幸せにしてあげてほしい」とセイラの幸せを願うと、しゅうぞうは神妙な面持ちを浮かべ、天を仰いだ。すでに男性メンバーの中に“オオカミ”がいることは確定している。仮にしゅうぞうが“オオカミ”だった場合、さくらはおろか、セイラを幸せにすることすら叶わない。果たしてしゅうぞうは、最終告白で2人に何と答えを返すのだろうか…?気になる三角関係の結末、そして“オオカミ”の正体は、ABEMAで無料見逃し配信中

遂にオオカミの正体が判明!衝撃の展開へ
遂にオオカミの正体が判明!衝撃の展開へ