「財布は別々」彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会で悩みを吐露『セカンドチャンスウェディング』第6話
番組をみる »

 10月22日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#6で、バツイチ女性たちが女子会でお互いの本音をぶちまけるシーンがあった。

【動画】彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会でぶちまけ

『セカンドチャンスウェディング』とは    

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした12名の男女が1週間の集団同棲生活を送った。集団同棲終了後には、もっとお互いを知りたいと感じたカップルによる2人きりの同棲生活がスタート。同棲生活に進んだのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)。ほか、ケン(職業:フリーランス美容師、離婚から7年/32歳)とエリカ(職業:女優・シンガー・グラビアモデル、離婚から4年/31歳)。リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。シンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)の4組。

「財布は別々」彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会で悩みを吐露『セカンドチャンスウェディング』第6話

 この日の昼、男女に別れてランチタイムを開催し、近況を報告しあったメンバーたち。女子会で口火を切ったのはエリカ。「買い物のときとかさ。価値観、見えるよね」と、お金についての話を始めた。エリカとケンは、今回のニセコでの同棲生活の生活費を5万円に設定しており、それについて「5万円ってどこかに行く金額を入れたらもう少し多いほうがいいと思ったのよ。でも、『5万円くらいでいいんじゃないの』って(ケンが)言うから、それくらいでいけると思ってるんだ~って思ったの」と実は、生活費の金額を決めた時点で多少違和感があったことを打ち明けた。

「財布は別々」彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会で悩みを吐露『セカンドチャンスウェディング』第6話

 続けて「どっちが財布を握るかという話になったときに『別々でいい』って言われたの。私はすごく距離感のある夫婦だなって思ったの」と、夫婦別財布についての問題を告白。エリカは、実際の給料とは別の金額を言われたり、多く稼げた月でも、家に入れる金額をごまかしたりするのではないかと心配しているようで「価値観大丈夫かなって思っちゃって。怖くなっちゃって」と悩みを明かした。

 その後、男性たちの愛情表現についての話題に。ミズホがシンゴについて「すごく愛情表現がストレートなので。可愛いと思ったら『今の可愛い』とか(言ってくれる)」と話すと、「ええ~~~~~!」と驚きの声を上げた女性たち。「めっちゃうれしくない?」とユイカに聞かれると「うれしいし、愛情表現がお互いにストレートなので」とミズホ自身も素直に愛情を伝えていること明かした。

「財布は別々」彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会で悩みを吐露『セカンドチャンスウェディング』第6話

 ヨウコも「好きとは言ってくれるの。今日も可愛いねとかキレイだねとか」と、リュウイチも愛情を表現してくれることを離すと、目を丸くしたエリカとユイカ。2人は「好き」とも「可愛い」などの誉め言葉も言われたことがないそうで、エリカは「好きなんて言われてない」と不満げな表情を見せた。

「財布は別々」彼氏の金銭感覚に彼女が抱いた疑念「価値観大丈夫かなって思って怖くなった」女子会で悩みを吐露『セカンドチャンスウェディング』第6話

 愛情表現が苦手なケンとツヨシ。今後、自身の気持ちを伝えることができるのだろうか。『セカンドチャンスウェディング』#7は、10月29日(金) 23:00~より放送される。

もう一緒に寝た?『セカンドチャンスウェディング』#6
もう一緒に寝た?『セカンドチャンスウェディング』#6