史上最も優しいオオカミ…かいと「のあをこれ以上傷つけることができなかった」最後の手紙に綴られた思い『虹オオカミ』最終回
番組をみる »

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』の最終回が、10月24日(日)よる10時より放送され、のあは最終告白を行わないことを決断。すべての告白が終わった後、のあとメンバーたちに、かいとが“オオカミ”だったことが明かされた。

【動画】史上最も優しいオオカミ…かいと、最後の手紙でのあへ綴った想い

『虹とオオカミには騙されない』とは

史上最も優しいオオカミ…かいと「のあをこれ以上傷つけることができなかった」最後の手紙に綴られた思い『虹オオカミ』最終回

 『虹とオオカミには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしない“嘘つき”オオカミが、男女のどちらか一方に 1 人以上潜んでいる(第12話で“オオカミ”は男性であることが判明)。スタジオでは飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、最終回は矢吹奈子HKT48)と本田仁美AKB48)がゲスト出演した。

 女性メンバーは、アリアナさくら(さくら/17歳)、安斉星来(セイラ/17歳)、和内璃乃(りの/18歳)、momoca(モモカ/20歳)、加藤乃愛(のあ/18歳)、Taki(21歳)。男性メンバーは大平修蔵(しゅうぞう/20歳)、西岡星汰(しょうた/17歳)、堀海登(かいと/22歳)、YOSHIKI EZAKI(エザキ/20歳)、山下航平(こうへい/22歳)。

のあが出した答えは「誰にも行かない」決断に後悔なし

 視聴者から最も“オオカミ”だと疑われ、脱落していたのあが、メンバーたちの元へ帰ってきた。他の女性メンバーと同様に、のあも最終告白に参加する権利がある。だが、のあは脱落前最後のデートで、当初両想いだったかいとを呼び出し、今はもう気持ちが無いことを明言。他の男性メンバーとの間に、新たな恋が芽生えることもなかった。告白当日の朝、のあは「月LINE」をかいとに送信。「復活できたけど、自分は恋愛が出来なかった。ごめんなさい」と改めて告げた。

史上最も優しいオオカミ…かいと「のあをこれ以上傷つけることができなかった」最後の手紙に綴られた思い『虹オオカミ』最終回

 こうして迎えた、最終告白。“オオカミ”の着ぐるみを着たかいとの前に、のあが現れることはなかった。女性メンバーの控室で、のあは「誰にも行かないことにした」と報告。「後悔はないの?」と問われると、「うん」ときっぱり答え、「自分でちゃんと選択して決めた」と語った。

史上最も優しいオオカミ…かいと「のあをこれ以上傷つけることができなかった」最後の手紙に綴られた思い『虹オオカミ』最終回

かいとの正体は“オオカミ”だった…「許されない嘘をつきました」

 かいとに想いを伝える女性メンバーは1人もおらず、すべての告白が終了。メンバーたちが告白の舞台となった海岸を歩いていくと、赤い手紙と風船を持ったオオカミ人形が置かれていた。「見てみれば?」と促され、神妙な面持ちで手紙を開いたのあ。そこには、かいとが“オオカミ”だったという、悲しい真実が綴られていた。「虹のみんなへ。僕はオオカミでした。のあだけじゃなく、全員に対して嘘を重ねてきた自分が最後にできることは、真実を伝えることだけです。最終告白をしなかったのあの決断は、全て僕のせいです。僕はオオカミだから、のあが復活することを知っていました。オオカミであれば復活したのあを最後まで騙し続けるべきだったと思います。でものあをこれ以上傷つけることは僕にはできませんでした。モモカが好きだと嘘をつくことで、この現実から逃げ出そうとしました。全てのメンバーの気持ちを裏切る、許されない嘘をつきました。これが僕の全てです。ごめんなさい」

 手紙には、まだ続きがあった。「P.S.のあ、最後に一つだけ伝えさせてください」という書き出して始まった文章には、のあの想いと時間を奪ってしまったことへの謝罪と、感謝の気持ちがあふれていた。「本当は恋に臆病なのに、勇気を出してここにやってきたのあの想いと時間を僕は奪ってしまったのかもしれない。さよなら、ありがとう。僕は本当に幸せでした」。手紙を読んだメンバーたちは「のあのためだったってことでしょ」「しんどかったと思います」「悩んでかいとくんなりに選択をしたんだろうね」と、“オオカミ”だったかいとの心に寄り添い、オオカミ人形が手にしていた赤い風船を、全員の手で空に放った。

史上最も優しいオオカミ…かいと「のあをこれ以上傷つけることができなかった」最後の手紙に綴られた思い『虹オオカミ』最終回

 この日の朝、のあから「月LINE」で呼び出された際、かいとが最後に口にしたのは「最後まで笑顔でね」という言葉だった。“オオカミ”として嘘を重ねてきたかいとだったが、本心ではのあに笑顔でいてほしいと、願い続けてきたのだろう。VTRを観終えた飯豊は涙を流し、スタジオではかいとの優しさを称賛する声が続出。本田が「かいとくんも騙そうとしてのあちゃんを好きになったんじゃなくて、本気でのあちゃんのことを好きになって、のあちゃん傷つけないように色々頑張ってくれていた」と語ると、飯豊も「騙し方に包容力を感じました」と同調していた。

 最終回はABEMAにて無料配信中。またABEMAプレミアムではオオカミのその後を配信している。

虹とオオカミには騙されない 最終回
虹とオオカミには騙されない 最終回