“オオカミ”だったしゅうぞうが、セイラへ虹に誓った約束…胸に秘めた本心が明らかに『虹オオカミ』最終回
番組をみる »

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』の最終回が、10月24日(日)よる10時より放送され、しゅうぞうの正体が“オオカミ”だったことが判明。最終告白の直前、しゅうぞうはセイラをデートに誘い出し、「虹が出ている間は嘘をついてはいけない」というルールを利用し、気持ちを伝えた。

【動画】“オオカミ”だったしゅうぞうが、セイラへ虹に誓った約束

『虹とオオカミには騙されない』とは

“オオカミ”だったしゅうぞうが、セイラへ虹に誓った約束…胸に秘めた本心が明らかに『虹オオカミ』最終回

 『虹とオオカミには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしない“嘘つき”オオカミが、男女のどちらか一方に 1 人以上潜んでいる(第12話で“オオカミ”は男性であることが判明)。スタジオでは飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、最終回は矢吹奈子HKT48)と本田仁美(AKB48)がゲスト出演した。

 女性メンバーは、アリアナさくら(さくら/17歳)、安斉星来(セイラ/17歳)、和内璃乃(りの/18歳)、momoca(モモカ/20歳)、加藤乃愛(のあ/18歳)、Taki(21歳)。男性メンバーは大平修蔵(しゅうぞう/20歳)、西岡星汰(しょうた/17歳)、堀海登(かいと/22歳)、YOSHIKI EZAKI(エザキ/20歳)、山下航平(こうへい/22歳)。

しゅうぞう、セイラと虹を見ながら「好きってことを約束する」

 “オオカミ”はメンバーと2人きりで虹を見た場合、虹が出ている間は一切の嘘をついてはいけない…。今シーズン限定の特別ルールにより、“オオカミ”だったしゅうぞうの本当の気持ちが明らかになった。セイラと行った「月LINE」デートの終盤、しゅうぞうはホースで水を噴射して虹を出現させ、「虹に嘘ついちゃいけないってルールだったじゃん。だから…」と切り出した。空にかかる虹を、神妙な面持ちで見つめるセイラ。この時点でセイラは、しゅうぞうが“オオカミ”だと気づいたのだろうか。だが、そのことを追及しようとはしなかった。「虹って約束するって意味あるらしいんだよね。好きってことを約束する」。しゅうぞうがそう口にすると、セイラはいつものはにかんだ笑みを浮かべ、「遅いんだよ、本当に」とツッコミ。楽しそうにじゃれ合い、水を浴びてはしゃぐ2人の間には、惹かれ合っている者同士ならではの、幸せな空気が漂っていた。

“オオカミ”だったしゅうぞうが、セイラへ虹に誓った約束…胸に秘めた本心が明らかに『虹オオカミ』最終回

ハグに頭ポンポンも…甘い時間を過ごした2人

 その後もセイラとしゅうぞうは、残されたわずかな時間を惜しむように、虹を眺めながら手を繋いだり、ハグを交わしたりした。さらにはしゅうぞうが愛おしそうに、セイラの頭を撫でる場面も。最終告白を終えた直後、セイラは号泣していたが、やがて落ち着きを取り戻すと「後悔はないし、一緒にいれた時間がすごく幸せだったから。あの時の気持ちは嘘じゃないって信じたいなって思いました」と心境を吐露。ハッピーエンドとはならなかったが、この時セイラの心は、しゅうぞうとの幸せな思い出で満たされていたに違いない。

“オオカミ”だったしゅうぞうが、セイラへ虹に誓った約束…胸に秘めた本心が明らかに『虹オオカミ』最終回

 最終回はABEMAにて無料配信中。またABEMAプレミアムではオオカミのその後を配信している。

虹とオオカミには騙されない 最終回
虹とオオカミには騙されない 最終回