アニメ「異世界食堂2」5話、“スイーツ男子爆誕回”に「真骨頂とも言える展開」「構成もお見事」と称賛続々
番組をみる »

 10月29日より順次放送中のアニメ「異世界食堂2」第5話は、元トレジャーハンターのトーマス(CV:木村良平)が初めて食堂“洋食のねこや”を訪れる展開だった。

【動画】構成も見事!第5話「モンブラン」※11分30秒ごろ〜

 「異世界食堂2」は、犬塚惇平氏によるライトノベル「異世界食堂」を原作としたアニメ第2期。異世界のあらゆる場所に扉が繋がる食堂“洋食のねこや”を舞台に、店に集う人々や料理との一期一会を描く物語だ。

 前回放送された第4話では、双子の兄妹・アルフレッド(CV:海田朱音)とマルガレーテ(CV:星谷美緒)が、叔母のヴィクトリア(CV:田村ゆかり)に連れられて、洋食のねこやを訪れた。初めて異世界の食べ物を食べる2人のために、ヴィクトリアは“お子様ランチ”を注文した。ねこや特製お子様ランチの登場に、視聴者からは「洋食屋の本気が盛り沢山」「華がある料理だなと改めて思う」「これは絶対に美味しい!」などの反響が寄せられた。

 第5話「モンブラン」では、領主からの依頼を受けたトーマスが、モンブランを手に入れるためにねこやに来店した。モンブランを試食したトーマスは、その味に感動して追加注文。さらに、自分用のモンブランを6個も持ち帰るのだった。

 ねこやではモンブランを作っていないことも明かされ、Twitter上では「まさに本作品の真骨頂とも言える展開」「探す過程がオモロイ」「いつものパターンを外してくる構成もお見事です」「遺志を引き継ぐ人が現れて良かった!」「スイーツ男子爆誕回だった」などのコメントが続出。また、モンブランの作画についても「自分も紅茶と共にいただきたい」「今日も壮絶な飯テロだった…」といった感想が相次いでいた。

【第5話あらすじ】
「スコッチエッグ」
ラミアのルシアとともに、ねこやのテーブルにつくエミリオ。ある悩みを克服するために旅立ったはずが、どうしてか異世界にまで来てしまった。すべては旅の途中でルシアに出会ったことが始まりだった。
「モンブラン」
あるメイドの老婆が毎週持ち帰ってきたモンブランは、領主に気に入られ、政治の場でも重宝されていた。しかし出所がわからないまま彼女が亡くなり、入手が困難に。冒険者のトーマスは領主からモンブラン探しを依頼される。

(C)犬塚惇平・主婦の友インフォス/「異世界食堂2」製作委員会

異世界食堂2
異世界食堂2
【最新話】構成も見事!第5話「モンブラン」(11分30秒ごろ〜)
【最新話】構成も見事!第5話「モンブラン」(11分30秒ごろ〜)
【前回の見どころ】ねこや特製のお子様ランチ(9分40秒ごろ〜)
【前回の見どころ】ねこや特製のお子様ランチ(9分40秒ごろ〜)