アニメ「白い砂のアクアトープ」18話、尊い続出のコスプレにファン「色々な姿を見れて面白かった」
番組をみる »

 11月4日より順次放送中のアニメ「白い砂のアクアトープ」第18話では、主人公・海咲野くくる(CV:伊藤美来)たちが新たなイベントの開催に向けて奮闘する姿が描かれた。

【動画】くくる達のコスプレ姿(19分30秒ごろ〜)

 「白い砂のアクアトープ」は、監督・篠原俊哉氏、シリーズ構成・柿原優子氏、制作・P.A.WORKSによる完全新作オリジナルアニメーション。沖縄の水族館“アクアリウム・ティンガーラ”を舞台に、海咲野くくると、居場所をなくした元アイドル・宮沢風花(CV:伊藤美来)の絆や葛藤が描かれる。

 前回放送された第17話では、くくると風花がティンガーラの仲間との親睦会を実施した。くくるたちは、みんなでたこ焼きを焼いたり、花火をしたりして交流を深めた。くくるが、かつて確執があった飼育員・南風原知夢(CV:石川由依)にアロママッサージを行なう展開もあった。くくるがティンガーラの仲間たちと絆を深める姿に、視聴者からは「心が癒される話だったな」「みんな仲良くなってるね」「ずっと楽しそうで和んだ」などの反響が寄せられた。

 第18話「あかりの灯るとき」では、ティンガーラの職員が海の生き物に扮して接客する“コスプレイベント”が開催された。同イベントで、風花たちペンギン担当の飼育員は人魚姫のコスプレを披露。島袋薫(CV:小松未可子)率いる魚類担当チームは、童話『浦島太郎』をコスプレで再現した。

 アルバイト職員・真栄田朱里(CV:安野希世乃)の仕事に対する心境の変化も描かれ、Twitter上では「尊い続出で最高のコスプレ回でした」「うみやん案の定面白すぎ」「みんな可愛い」「色々な姿を見れて面白かった」「朱里ちゃんがいっそう好きになった」「この1話のメッセージ性は素敵」といったコメントが続々と上がっていた。

第18話「あかりの灯るとき」
【あらすじ】

朱里が発案した職員たちが海の生き物に関するコスプレをして接客する「コスプレイベント」の実施が決まった。しかし諏訪の判断で、アルバイトである朱里に代わりくくると夏凛が準備を任される。くくるは朱里にも水族館の生き物たちを好きになってもらおうとするが、朱里は今一つ興味を持てないでいた。そんな中、イベント開催前日の夜、配付予定の魚のシールが発注されていないことが判明して!?

(C)projectティンガーラ

白い砂のアクアトープ
白い砂のアクアトープ
【地上波同時・単独先行】イベント当日、くくる達のコスプレ姿(19分30秒ごろ〜)
【地上波同時・単独先行】イベント当日、くくる達のコスプレ姿(19分30秒ごろ〜)
アニメ「白い砂のアクアトープ」17話はほのぼの“タコパ回”!仲良くなったくくると知夢が微笑ましい
アニメ「白い砂のアクアトープ」17話はほのぼの“タコパ回”!仲良くなったくくると知夢が微笑ましい
ABEMA TIMES