一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話
番組をみる »

 毎週月曜日よる10時から放送中のABEMA今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。8日は秋桜編第4話が放送。2日目、無人デートに出かけたもえとつばさが距離を縮め、手繋ぎで他のメンバーの前に“帰還”。さらにその後の2ショットでは、もえがつばさに「ほっぺ触ってみて」とイチャイチャっぷりを全開にした。

【動画】一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へ直球アピール

 『今日好き』とは、運命の恋を見つける、恋と青春の修学旅行をテーマとした恋愛番組。ルールは2泊3日の旅を繰り返し、最終日に告白。そこでカップルになったら終了、なれなかったら次の旅を続けるかどうか選べる、というもの。恋愛見届け人は井上裕介NON STYLE)、かす。ゲストに岡崎紗絵が登場。

今回参加するのはこのメンバー!

一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話

 メンバーは、女子がゆな(水戸由菜、高2/神奈川県出身)、かのん(吉田佳音、高1/東京都出身)、みみ(黒沢実未、高2/埼玉県出身)、もえ(佐藤もえ、高3/北海道出身)、さらに追加メンバーとして参加する向日葵編からの継続メンバー・しいな(柚来しいな、高3/神奈川県)の5人。

 男子は、つばさ(福村飛翔、高3/京都府出身)、いさ(北本要世、高2/大阪府出身)、じょう(平本丈、高3/東京都出身)、朝顔編からの継続メンバー・そら(山崎蒼空、高1/新潟県出身)の4人で、男女合計9人の旅となる。

 2日目、無人島デートの権利を得たのはつばさ。指名したのはもえで、2人きりで船に乗ったり海に入ったりした後、絶景を見ながらお風呂に入るなど濃密な時間を過ごした。そして他のメンバーが、もえとつばさの戻りを「遅いね」などとソワソワしながら待っているところへ、姿を見せた2人はしっかりと手繋ぎ。明らかに親密になった2人の様子に、「手繋いでるじゃん!」「え、ウソ」と場は一気にザワつく。

一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話
一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話

 無人島デートに行くまでは弱気だったもえだが、無人島でつばさへの想いを伝え、手繋ぎも実現。最終日の朝、改めてもえはつばさのところへ行き、告白前最後の2ショットタイムをとった。

 もえは、いちばんの思い出は「つばさくんと過ごした時間」だといい、「もう(告白相手は)つばさくんだから」ときっぱり。つばさも「昨日も楽しかったもんな」「初めての2ショットも誘ってくれたもんな。結構話せたよな」と、もえとの時間が充実していたことを認める。

一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話

 そんなつばさに、もえは「手もたくさん繋いでくれてさ、嬉しかった。また繋ぎたいって思ったから…」「告白で、行くから。もし成立できたら、また繋いでほしいなって思ってる」と言い、つばさは「わかった」と頷く。

 すると、もえは、「最後だから、私のことをもうちょっと知ってほしいなって思って、いろいろ考えたんだけど……」と改めて切り出すと、「実は結構ほっぺが柔らかいんですよ。だからちょっと触ってみてほしい」とつばさに提案し、つばさは「ほっぺ?」と驚きながらも、両手の人差し指でもえのほっぺを触る。

 もえの言葉通り柔らかい感触に、思わず笑い出すつばさと、釣られて吹き出すもえ。「どう?結構柔らかいでしょ?」というもえの言葉に、つばさは「柔らかい!」と笑い、今度はもえがつばさのほっぺを触って「ふにゃふにゃしてる」と言うなど、2人で和やかな時を過ごす。

 笑いが止まらないもえの顔を見て、つばさが「笑った顔が素敵やから」と言うと、もえは「嬉しい、でもそれはもえも思ってる。つばさくんの笑った顔がいちばんかっこいい」とにっこり。さらに、「もえはつばさくんに絶対告白行くから、気持ちの整理とかいろいろして待っててほしいです」と言葉に力を込めた。

一途女子・もえ「ほっぺ、触ってみて…」好きな男子へドキドキアピール!手繋ぎも『今日好き』秋桜編第4話

 もえとつばさの恋の行方は……? 最後の最後まで波乱が続き、衝撃の結末に見届け人たちが絶叫する。次週、『今日、好きになりました。』秋桜編最終話は、11月15日(月)よる10時スタート。

『今日好き』第4話 「これでもう、最後。」言葉にできない想い、涙に代わって
『今日好き』第4話 「これでもう、最後。」言葉にできない想い、涙に代わって