「HPVワクチン」8年ぶり積極勧奨再開 コロナやインフルエンザのワクチンと同時に打てる?
番組をみる »

 厚生労働省が12日、子宮頸がんを予防するHPVワクチンを積極的に勧めていく方針を決めた。

【映像】「HPVワクチン」“接種世代”と“停止世代” 接種率の差(画像あり)※2分30秒ごろ〜

 2013年に定期接種が決まった当時、副反応に関する報道が相次ぎ、積極的勧奨が一時差し控えられていたHPVワクチン。8年ぶりに積極的勧奨が再開された今回の決定について、専門家はどのように見ているのだろうか。

「HPVワクチン」8年ぶり積極勧奨再開 コロナやインフルエンザのワクチンと同時に打てる?

 ニュース番組『ABEMA Prime』に出演したアメリカ国立衛生研究所・研究員の峰宗太郎氏は「ようやくだ」と安堵。HPVワクチンの効能について「非常によく効くワクチンであり、安全性も科学的根拠をもって示されている。HPVワクチンは、世界でも多くの国で打たれているワクチンだ。日本の積極的勧奨再開には『ようやくだ』という気持ちと、大きな一歩だと捉えている」との見方を示した。

 また、積極的勧奨の再開に8年もかかった理由について、峰氏は「政治問題化してしまったことが、最も大きいと思う」と話す。

「副反応が疑われる事象があり、それ元に意見を言う人、いろいろな動きをする人が現れた。科学的根拠だけで(積極的勧奨の再開が)進められなかった。実際に政治問題化し、政策を変えることが難しかった」

 実際にHPVワクチンを自費で打った実業家のハヤカワ五味氏は「私は積極的勧奨が控えられた8年の間に抜け落ちた世代だ」とコメント。「定期接種のワクチンと違うかもしれないが、私は合計15万円ぐらい自腹で払って、9価というものを3回打った。ワクチンの値段はもう少し安いものもあるが、それを考えると、積極的勧奨が再開されるようになってほしいとずっと思っていた」と述べた。

 定期接種を受けられなかった人は今からでもHPVワクチンを打つべきなのだろうか。ハヤカワ五味氏は「勘違いされやすいことをぜひ伝えておきたい」と前置きした上で「性交渉をした後では打った意味がないと言われがちだが、そんなことはない。もちろん、すでに感染したウイルスを排除する効果はワクチンにはないが、これから感染するものに対しては意味がある。ぜひ高校生のときに打てなかった人も打ってほしい」と自身の思いを語った。

 峰氏も「積極的勧奨が控えられた8年間に打つ機会を失った方が多くいらっしゃる」と定期接種が受けられなかった世代に言及。「個人で打つと費用負担も大きいものになる。キャッチアップ助成で助成金を出して、そういった方が積極的に打てる、そして安心して過ごせるように、機会を提供するべきだ」と訴えた。

「HPVワクチン」8年ぶり積極勧奨再開 コロナやインフルエンザのワクチンと同時に打てる?

 ギャルユニット「Black Diamond」リーダーのあおちゃんぺは「私は無料で打てる間に(定期接種で)打った。中学生ぐらいの時に通知が地域に一斉に来て、周りの学校の子たちも全員打った」と告白。積極的勧奨が控えられたことで「定期接種で打てなくなっていたことを知らなかった」といい、「打った私からしたら、復活してくれないと不安になる。積極的勧奨が復活したということは『打っていいんだぞ』と、大々的に世間に認められたのかなと思う。私は安心した」と話した。

 モデルの益若つばさは「私はHPVワクチンを打っていないが、毎年子宮頸がんの検査を受けるようにしている」とコメント。峰氏に向けて「日本はどのような副反応を恐れて、積極的勧奨が控えられていたのか」と質問した。

「HPVワクチン」8年ぶり積極勧奨再開 コロナやインフルエンザのワクチンと同時に打てる?

 益若の質問に峰氏は「副反応の疑いについては、身体が麻痺した、動きにくくなったなど、多くの報告が世界中であった。ただ、世界で大規模に調査されたスタディ(研究)があって、科学的にはワクチンが直接の理由だと言い切れないところがある。ワクチンの問題は色々あるが、HPVワクチンの副反応というより、偶然生じた事象だったり、そういったことが主だと考えられている」と説明。

 新型コロナやインフルエンザなど、他の病気を防ぐワクチンとの優先順位はどのように考えればいいのだろうか。峰氏は「新型コロナワクチンは、新しいワクチンなので、他のワクチンとは2週間、間隔をあけて打つように、日本では言われている。その期間とかぶらなければ、積極的にいろいろなワクチンを打っていただいて大丈夫だと思う」とした上で、「むしろ他のワクチンは同時接種できるので、主治医の方とよく相談してから、子宮頸がんワクチンと言われているHPVワクチン、それからインフルエンザワクチンを同時に打っていただけたら」と語った。

 新型コロナのワクチンは腕が腫れるなどの副反応があるが、HPVワクチンにもそのような副反応はあるのだろうか。この質問に峰氏は「ある」と回答。「HPVワクチンは筋肉注射で反応性がしっかりあるワクチン。副反応として腕が痛い、上がらない、熱が出る、だるくなるといった一般的な副反応は多い」と説明した。

 8年ぶりに積極的勧奨がされるようになったHPVワクチン。打ちたい人にとっては朗報だと言えそうだ。(『ABEMA Prime』より)

【映像】HPVワクチン積極勧奨を再開へ 「自腹15万円」空白の8年で機会逃した人どう救う?
【映像】HPVワクチン積極勧奨を再開へ 「自腹15万円」空白の8年で機会逃した人どう救う?
【映像】産後の恨みは一生? 妻の本音を描いた漫画
【映像】産後の恨みは一生? 妻の本音を描いた漫画
【映像】「あんなに小さかったのに…」“子育て”を描いた絵本が泣ける 無料公開のワケ
【映像】「あんなに小さかったのに…」“子育て”を描いた絵本が泣ける 無料公開のワケ