豚玉派?シーフード派?「異世界食堂2」第7話で“お好み焼き論争”が勃発!?
番組をみる »

 アニメ「異世界食堂2」第7話では、山の国の侍・ソウエモン(CV:小山剛志)と海の国の陰陽師・ドウシュン(CV:平川大輔)がお好み焼きのトッピングを議論した。

【動画】お好み焼きのトッピング論争(4分35秒ごろ〜)

 「異世界食堂2」は、犬塚惇平氏によるライトノベル「異世界食堂」を原作としたアニメ第2期。異世界のあらゆる場所に扉が繋がる食堂“洋食のねこや”を舞台に、店に集う人々や料理との一期一会を描く物語だ。

 前回放送された第6話では、アルフェイド商会の次期当主・シリウス(CV:下野紘)と料理人・ジョナサン(CV:保住有哉)がねこやを訪れた。初めてピザを食べたジョナサンは、「土台と具材を同時に焼いているのか」などと料理人らしく考察を交えて食レポした。視聴者からは「料理人目線の食レポが新鮮で面白かった」「2人の友情にもほっこりしました」などの反響が寄せられた。

 11月12日より順次放送中の第7話「お好み焼き」では、ソウエモンとドウシュンがねこやを訪れた。犬猿の仲である2人は、ケンカをしながらも同じ席に座り、お好み焼きを注文。しかし、ソウエモンが豚玉、ドウシュンがシーフードを頼んだことで、ささやかな“お好み焼き論争”が勃発した。

 第7話をきっかけに、ファンの間でも“お好み焼き論争”が勃発しているようだ。Twitter上では「私はシーフード派かな!」「やっぱ豚玉が良いかな」「どっちも好きです」といった声が上がった。さらに「キムチとベーコンが好きです…(小声)」「もちチーズ派です」など作中に出たトッピング以外の派閥も現れ、盛り上がりを見せている。

【第7話あらすじ】
「お好み焼き」

ねこやでばったり遭遇したソウエモンとドウシュン。互いの国が敵対関係にある二人は、何かにつけて言い争っていた。なのに時間もずらさず、テーブルも同じ。今日もまた意地の張り合いが始まるが……。
「宇治金時」
今日から期間限定で始まるかき氷。味見をすることになったアレッタとクロは、その甘さや冷たさと頭がキーンとする感覚に驚きを隠せなかった。そんなねこやに「空に浮かぶ島」に住んでいるというエルフ・イルゼガントがやってくる。

(C)犬塚惇平・主婦の友インフォス/「異世界食堂2」製作委員会

異世界食堂2
異世界食堂2
【最新話】お好み焼きのトッピング論争(4分35秒ごろ〜)
【最新話】お好み焼きのトッピング論争(4分35秒ごろ〜)
【前回の見どころ】ピザの食レポシーン(16分50秒ごろ〜)
【前回の見どころ】ピザの食レポシーン(16分50秒ごろ〜)