「第7世代の筆頭」の紹介を宮下草薙・宮下、全力で否定「フォロワー3ケタ違いますよ」
番組をみる »

 11月17日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#7が放送。「第7世代の筆頭」と紹介を受けた宮下草薙・宮下兼史鷹が、「筆頭じゃない」「SNSのフォロワー数が3ケタ違う」と自虐した。

【動画】「第7世代の筆頭」の紹介に宮下「フォロワー3ケタ違いますよ」

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア日向坂46佐々木久美

 佐々木が宮下を「お笑い第7世代の筆頭」と紹介すると、宮下は「筆頭じゃない(笑)」と苦笑いし、紹介を否定。佐々木は「カンペに書いてあった(笑)」とお茶目にカンペのせいにした。ジュニアから「第7世代の筆頭は誰?」と質問を受けた宮下は、「霜降り明星さんとか、四千頭身とか。僕らはまったくそんなことない。恥ずかしいですよ、筆頭って言われるの」とますます低姿勢になっていた。

 そんな宮下は、この日何を訴えるのか。ジュニアは「宮下が熱く何かについて語るってあんまりない」と宮下の印象を告白。すると宮下は「実は僕は、芸能界きっての趣味がめちゃめちゃある芸人の一人。熱く語る番組を待っていた」「弾は全然あります。次に向けても頑張りたいので」と、今後も番組に出演していきたい構えを見せた。

 自信満々の宮下に、ジュニアは「さすが筆頭ですね~」とニヤリ。プレッシャーをかけられた宮下は「やめてください! フォロワー数が3ケタ違うんで」と改めて自虐していた。

「第7世代の筆頭」の紹介を宮下草薙・宮下、全力で否定「フォロワー3ケタ違いますよ」

 宮下のスピーチテーマは「2分59秒後にあなたもテスラが欲しくなる4つの理由」。宮下はこれまで「BMWを腕時計だと思っていた」というほど車に興味がなく、1か月前にテスラの存在を知ったばかり。なのに、すでに540万円のテスラ車を購入し、いつ納車されるかわからないのに、駐車場もキープしているそう。果たして、宮下がそこまでテスラに惚れ込んだ理由とは?

「第7世代の筆頭」の紹介に宮下「フォロワー3ケタ違いますよ」
「第7世代の筆頭」の紹介に宮下「フォロワー3ケタ違いますよ」
『2分59秒』放送回リスト
『2分59秒』放送回リスト
「ダウンタウンのどっちを助ける?」の問いに千原ジュニア即答「浜田さんですね」
「ダウンタウンのどっちを助ける?」の問いに千原ジュニア即答「浜田さんですね」
ABEMA TIMES