パンサー尾形の妻、30代後半になって“ボロボロ”な体「酷くなってきますね」

 お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘の妻・尾形あいさんが17日にアメブロを更新。自身の体調不良についてつづった。

【動画】「手足口病」が流行の兆し…大人が感染すると重症化も

 この日、あいさんは「毎朝腰痛がひどくて ロキソニン必須」と切り出し「寒くなってくると本当に酷くなってきますね」とコメント。「坐骨神経痛持ちなのでこの時期は本当に本当にきつい!!!」と訴え「明日は朝から病院に行きます!」と明かした。

 続けて、自身について「風邪ひかない」と述べつつ「ホルモンとか腰とか、、、自律神経とかボロボロだな」と体の不調を告白。最後に「これが噂の30代後半になると一気にくるやつか」としみじみつづり、ブログを締めくくった。

 これに対し読者からは「坐骨神経痛つらいですよね」「うまく付き合っていかないとですね」「やっぱり冷えは大敵」「体調が悪い時はなるべくゆっくりなさって下さいね」などのコメントが寄せられている。

「手足口病」が流行の兆し…大人が感染すると重症化も
「手足口病」が流行の兆し…大人が感染すると重症化も
尾形あい『30代後半になると、』
尾形あい『30代後半になると、』
尾形あいオフィシャルブログ「サンキューー!!尾形家です!by嫁」Powered by Ameba
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
Ameba News [アメーバニュース]