早見あかり、結婚するには時間が必要?「今の旦那さんは友達からスタート」『セカンドチャンスウェディング』第10話
番組をみる »

 11月19日(金)夜11時より放送されたABEMAのオリジナル恋愛番組『セカンドチャンスウェディング』#10で、ゲスト出演した早見あかりが、結婚するまでにかける時間について、自身の考えを明かした。

【動画】早見あかり、結婚するには時間が必要?

『セカンドチャンスウェディング』とは    

 『セカンドチャンスウェディング』は、もう一度、結婚して幸せになりたいと願う離婚歴のある男女が、2度目の結婚に向き合う姿を赤裸々に映し出す婚活番組。スタジオではケンドーコバヤシ益若つばさがMCを務める。

 最初の参加者たちは19名。はじめに船上マッチングパーティーに挑戦し、ここでマッチングした12名の男女が1週間の集団同棲生活を送った。集団同棲終了後には、もっとお互いを知りたいと感じたカップルによる2人きりの同棲生活がスタート。同棲生活によって距離を縮めたカップルたちは、ここで破局するのか、最終ステージである1泊2日の婚前旅行に進むかどうかを決断。婚前旅行に進んだのは、シングルファザーで娘と暮らすツヨシ(職業:空調設備・飲食店経営、離婚から7年/27歳)と、シングルマザーで娘と暮らすユイカ(職業:インフルエンサー・モデル、離婚から9年/33歳)ほか、リュウイチ(職業:IT企業・飲食店経営、離婚から6年/33歳)とヨウコ(職業:結婚相談所経営、離婚から1年/32歳)。シンゴ(職業:デザイナー、離婚から9年/37歳)とミズホ(職業:アーティスト、離婚から2年半/25歳)の3組。

 出会ってから数日で結婚に進むかを決断する同番組。ケンコバから「どうですか。もうちょっと時間は必要ですか。結婚を決めるには」と聞かれると、早見は「私は、今までの恋愛傾向としてはすぐにお付き合いするタイプだったんですけど、今の旦那さんに関しては友達期間を経て、交際も4年間あって結婚に至っているので。時間は必要だったのかもしれないです」とコメント。益若は「私も早いのはちょっと心配。と言ってもバツイチなので、あれなんですけど。時間ではないのかもしれないですけど」とのことだ。

早見あかり、結婚するには時間が必要?「今の旦那さんは友達からスタート」『セカンドチャンスウェディング』第10話

 2人の意見を受けてケンコバは「時間じゃないと言いつつも、やっぱり時間って必要ですよね。3組とも辞めさせますか」と番組のコンセプトをひっくり返すような意見を述べ、スタジオの笑いを誘った。

 1か月に満たないとはいえ、船上パーティーから婚前旅行まで、濃密な時間を過ごしてきたバツイチカップルたち。これまでカップルたちの様子をすべて見てきた益若は「(私は夫と)こんなに話し合ってこなかったなって思っちゃいました。この10日間は、我々の10日間じゃない。時空が違うというか、しっかり1年分くらい会話をしている感じがして。濃かったと思いますよ」と感想を述べ、ケンコバも「恋愛観から人生観までね」と共感した。

セカンドチャンスウェディング 10話「もう一度、プロポーズ」
セカンドチャンスウェディング 10話「もう一度、プロポーズ」
【プレミアム限定】あれから2ヶ月、2度目だからわかったこと
【プレミアム限定】あれから2ヶ月、2度目だからわかったこと