ベッキー、自身の“トリセツ”に千鳥ノブ「1つ目、いかつ!」『私たち結婚しました2』第1話
番組をみる »

 11月26日(金)夜11時より、ABEMAのオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました2』#1が放送。MCが自身の“トリセツ”について語り合った。

【動画】ベッキー、自身の“トリセツ”に千鳥ノブ「いかつ!」

『私たち結婚しました』とは

ベッキー、自身の“トリセツ”に千鳥ノブ「1つ目、いかつ!」『私たち結婚しました2』第1話

 この番組は韓国で2009年から9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組『私たち結婚しました』を日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。浅香航大トリンドル玲奈塩野瑛久足立梨花という芸能人ペア2組の“結婚生活”に密着し、“理想の夫婦関係”を追い求めていく様子を映し出していく。また、本番組で結婚生活を送る夫婦には、人気漫画家・東村アキコが監修した、仲を深めるためのミッションが課される。スタジオでMCを務めるのは、千鳥ノブと俳優の三浦翔平。この日のゲストにはベッキーが登場した。

 この日の放送では、浅香とトリンドルがお互いに事前に用意してきた取扱説明書を打ち明けるシーンがあり注目を集めた。浅香は「口下手」「感情の流れが緩やか」「単純」という3つを挙げ、トリンドルは「たまに変なツボに入って笑いが止まらなくなるので一緒に笑ってください」「いっぱい一緒にだらだらしてください」「大根を下ろすのが苦手なので、やってね」という可愛すぎる取説を打ち明けて、ノブを悶絶させた。

 これを受けて、ノブが三浦に「(取説)なに書く?」と尋ねると「僕は、航大と一緒ですけど、単純ですね。0か100か」とのこと。ベッキーは「ガチの取説は…テレビで見てるイメージと全く別人です」と答えると、ノブは大笑いしながら「一項目目、いかつ!それだけで十分です」と爆笑し、2つ目以降の取説については聞かないこととした。

ベッキー、自身の“トリセツ”に千鳥ノブ「1つ目、いかつ!」『私たち結婚しました2』第1話

 もう一組の夫婦である塩野と足立はこの日、ウェディングドレスを選びにショップを訪れており、これを見たノブは自身の結婚式のことを思い出したようだ。ノブは「マジでドレス選び一つでもめるんですよ。ブライダルプランナーの方との3人の打ち合わせもほぼケンカでしたよ」とのこと。とくに記憶に残っているのは、ドレスの値段。「ドレスがたけえよ。1日着るだけで50万。神田うののやつ」と神田うのプロデュースのドレスに驚愕したことを明かした。さらに「総額とんでもないお金がかかったから、うのさんのじゃない、生地の薄めの(を勧めた)」と告白した。

ベッキー、自身の“トリセツ”に千鳥ノブ「1つ目、いかつ!」『私たち結婚しました2』第1話

 これを受けてベッキーは「今(結婚)何年目ですか?」と質問。ノブが「今12年」と答えると「じゃあ、15年目のときに神田うのさんのだな。今稼いでるわけだし」とアドバイス。ノブは「なるほど!それマジでするので、ここ放送しないでください」とスタジオの笑いを誘った。

 次回、塩野と足立は夫婦での初デートへ。ご飯を「あ~ん」したり、2人で陶芸体験を楽しんだり、ますます仲を深めていく。一方、浅香とトリンドルはお家でまったり。ミッションがさらに2人の距離を近づける。注目の『私たち結婚しました 2』#2は12月3日に放送される。なお第1話はABEMAビデオで無料配信中。

#1:誓いのキス
#1:誓いのキス
私たち結婚しました 2
私たち結婚しました 2