ひろゆき、ウエストランド井口の1人漫才を評価「完成度が高い」

 29日、ABEMAテレビ朝日が共同制作する新バラエティー枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)にて『マッドマックスTV』の第21回がABEMAにて放送された。

 今宵は『ガチンコディベート対決』の第8弾をお届け。前回、地上波で放送された同企画では、ひろゆきに完敗したウエストランド・井口浩之。『芸能人D-1グランプリ』王者として今度こそはひろゆきに一矢報いることができるのかーー?

【映像】ひろゆきVSウエストランド井口のディベート対決

ひろゆき、ウエストランド井口の1人漫才を評価「完成度が高い」

 ディベートのテーマは『上京をしているのに関西弁を喋り続けるのはアリ?ナシ?』。自ら岡山出身でナシ派の井口は、「関西弁+関西のものを大量に背負ったまま来る。それが本当に嫌」と主張。しかしアリ派のひろゆきが「じゃあ松本人志さんもテレビに出ないで欲しい?」「明石家さんまさんも見たくないと」と切り返すと井口はタジタジに。

ひろゆき、ウエストランド井口の1人漫才を評価「完成度が高い」

 上京後もずっと方言を使う人について「聞いてもないのに地元の話をされたりっていうのが苦手。わざと大袈裟に驚いたりとか」と井口が話すと、ひろゆきは「例えば?」と質問。すると井口は大阪の人をテーマにしたキレのある1人漫才を展開。これ見たひろゆきは笑って「今の田舎ネタ漫才の1人喋り面白かった」とコメントした。

ひろゆき、ウエストランド井口の1人漫才を評価「完成度が高い」

 ディベートが終了すると井口は、「勝敗云々より漫才のネタで使っているところがバレた。こういう場でこれが1番恥ずかしい」と赤ら顔。一方、ひろゆきは「やっぱりネタの部分の完成度が高い」と初めて芸人としての井口を評価した。

 「芸人として面白い方向を目指し始めたのかな」と、ひろゆきが井口を称賛した対決の結果はABEMAにて放送中。ぜひ見届けて欲しい。

マッドマックスTV
マッドマックスTV
ひろゆきVSウエストランド井口ディベート後半戦
マッドマックスTV
マッドマックスTV
ナダル、ひろゆきにディベートで勝利!