2019年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが29日に自身のアメブロを更新。原因不明の症状について告白した。

【動画】がん細胞との壮絶な戦い…!「はたらく細胞」で知る体内のバトル

 この日、堀は数日前から「皮弁(移植した方の舌)の一部の皮が、剥けてしまっています」と舌の状態について報告。「何故そんなことになっているのかは、わからない」と述べ、「擦れ過ぎか火傷かも知れないし、最悪はまた悪いものかも知れない」と心配そうにつづった。

 続けて「口腔外科にも予約を入れたので、受診してきます」と予告し「なんか診ていただくまで、嫌な感じですね」とコメント。「また悪いものだったらどうしよう…」と不安な様子でつづった。

 その後、更新したブログでは口腔外科で診察を受けたことを報告し「細胞診の検査をしていただきました」と検査を行ったことを説明。検査結果は後日に判明することを明かした。

 また、移植した舌について「丸く赤くただれて、剥けている感じ」と説明し「所見では悪性らしきものではない」と報告。原因については「恐らくですが、日常の生活の中で起きたもの」と述べ、自身の日常生活を振り返りつつ「原因が分からないのは困ったなぁ」と困惑した様子でつづった。

 さらに「考えたところで結論は出ないのか?」とコメントしつつ、症状について「結構大きな範囲なんですね」と告白。「鏡を見ながらいろいろと見て、自分なりに考えています」とつづり、ブログを締めくくった。

がん細胞との壮絶な戦い…!「はたらく細胞」で知る体内のバトル
がん細胞との壮絶な戦い…!「はたらく細胞」で知る体内のバトル
堀ちえみ『口の中のトラブルは案外多いものだ』
堀ちえみ『口の中のトラブルは案外多いものだ』
堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと
Ameba News [アメーバニュース]